体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

迷宮組曲、マイティボンジャック…ファミコンから「メディアリテラシー」を学んだ | スマートニュース 松浦茂樹さん

f:id:kensukesuzuki:20170423185635j:plain

1983年7月に発売されて国内の累計販売台数は約1935万台、テレビゲーム機として革新的成功をおさめた、ファミコンこと「ファミリーコンピュータ」。当時、「ウソ技(テク)」「クソゲー」「ゲームは一日一時間」「抱き合わせ」「借りパク」といった用語を生み出し、さまざまな社会現象を巻き起こしたファミコンは、テレビゲーム機の娯楽の枠を超えた生活の一部であった。

ファミコンでの遊びをとおして、友だちと一緒に笑い合い、駆け引きをしたり、あるいはケンカもした読者諸氏も多いことだろう。そんなファミコンとともにあった原体験は、実は今を生きる私たちの人生観や仕事観に大いに影響を与えてるのではないか? 本連載では、そんな確信をもって、さまざまなシーンで活躍されているビジネスパーソンや著名人にお話をうかがっていく。

第2回にご登場いただくのは、ライブドア、WIRED.jp、グリー、ハフィントンポスト日本版といった複数のネット企業で要職を担い、現在はスマートニュースのメディアコミュニケーションディレクターである松浦茂樹さん。さまざまなポジションでキャリアを積み重ねる姿には憧れを抱くが、そこにじつはファミコンで培ったコンテンツ体験が大きくかかわっていることがわかった――

ノマドでファミコンを遊び倒した少年時代

――ファミコンは発売当初から遊んでいたそうですね?

f:id:kensukesuzuki:20170424162143j:plain

1983年発売だから当時は小学3年生でしたが、友だちの家で『ベースボール』で遊んだのが最初だったと思います。その時はコントローラーのABボタンがまだ四角いゴムだったから、初期型の本体ですね。

その後もけっこう友だちの家に入り浸って遊び倒していました。小学生の頃は完全にインドア派で、何人かの友だちの家を歩き回って遊んでいました。そんなこともあって、結局じつは最後までファミコンは本体もカセットも買っていないんですよ(苦笑)。

――ノマドゲーマーですね!

そうそう。ドラクエ1・2も人の家でクリアしたんです。「ふっかつのじゅもん」さえあれば使い回せるじゃないですか。今でいうクラウド的なかんじで、人の家を転々としながらプレイしてました。

でも、リクエストはしてたんです。「クリスマスプレゼントはファミコン!」って言い続けたのですが、カシオの「MSX」がプレゼントだった(笑)。まあプログラミングというか、キーボードを覚えたのはそのおかげなので、今となっては親に感謝してますね。

――思い出深いゲームはなんですか?

対戦プレーができる『アイスクライマー』や『バルーンファイト』もよかったのですが、友だちと集まって解く難解なゲームの方が思い出深いですね。例えば『ドルアーガの塔』とか。

あのゲームは今振り返ってみても、小学生が何もなしにクリアするのは到底無理だと思うんですけど、攻略本を手にしながら、みんなであれこれ喋りながらやるっていうのは、いい経験だったと思います。

今はないでしょ? 紙に書きながらゲームを進めるっていうこと。この選択肢を選んだときにはこうなって、こっちの選択肢の場合はこれ……というのを手書きで残したりとかは、すごく良かったなあ。

名作ゲームの数々に触れられた贅沢なコンテンツ体験

f:id:kensukesuzuki:20170423191405j:plain
1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会