ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

Googleはモバイルデバイスのためのドラッグ・アンド・ドロップを研究中

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

Google はスマートフォンやタブレットといったタッチスクリーンを備えるモバイルデバイスのためのドラッグ・アンド・ドロップ技術を研究しているようです。USPTO で公開された Google の特許明細からこのことが明らかになりました。Android では今でもドラッグ・アンド・ドロップでデータをコピペまたは移動できますが、Google の特許が対象にしているのはアプリ間のドラッグ・アンド・ドロップで、これをタッチ操作で実現しようとしています。このようなことは PC だとマウスを使ってちょちょいのちょいで実行できますが、スマートフォンの場合、画面に表示するアプリは基本 1 つ。Google の特許にはドラッグでアプリを切り替えるためのウィンドウ選択方法もカバーしています。もし、今回の特許技術が Android に実装された場合、従来は数回のタップとスクロールが必要になるアプリ間のデータ移動がたった一回のタップとドラッグ操作で実行できるようになり、Android がさらに便利になりそうです。Soure : USPTO

■関連記事
Google Playストアの新しい「マイアプリ&ゲーム」で何日ぶりにアップデートされたのかが表示される
Etorenで「Galaxy S8」「Galaxy S8+」の販売が開始(おまけ:大量在庫の写真)
サンコー、スマートフォンに挿すだけで使えるスピーカー付き高機能カラオケマイクを発売

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。