ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

フツーの主婦でもできた! 流行りの「男前DIY」にチャレンジしました!

  • ガジェット通信 GetNewsを≫
f:id:ponparemall:20170306142622j:plain

ここ数年、女性の間でSNSを中心に盛り上がりを見せているDIY。画像共有SNS「Instagram」のハッシュタグ検索でも「#DIY」だけで2000万件以上の投稿があり、自分のDIY作品や作り方を公開している人がたくさんいます。

そのなかでも最近、「男前DIY」というカテゴリーがトレンドになっているそう。どういったものでしょう? 人気のDIYブログ「STUDIO IN THE AFTERNOON ☆毎日がDIY☆」を運営しているchikoさんにアドバイスをいただき、男前DIYに挑戦してみました!

「男前DIY」ってなに?

「男前DIY」と聞いても、いったいどんなものなのかイメージが湧きづらい…。そもそも男前DIYとは何でしょうか?

「黒をベースに、木材やアイアンを使って、そこにタイポグラフィーを取り入れたインテリアを『かっこいい(=男前)』と表現し、そこから『男前インテリア』と呼ぶようになりました。そして、その男前インテリアスタイルを叶えるために、自分でそういった家具や雑貨を作ったり、リメイクしたり、お部屋を改装したりすることを『男前DIY』と呼んでいるとのだと思います」(chikoさん・以下同)

確かに男前インテリアは武骨でかっこいいイメージです。そんな男前DIYの魅力とは?

「男性でも心地よく暮らせるインテリアスタイルだというのが魅力だと思います。また、男前風に家具を作ったり、雑貨をリメイクしたりする場合は、雰囲気を出すためにエイジング加工(長年使い込んできたように加工すること)を施すのですが、そのときに大雑把に作業してもそれなりに仕上がるのも魅力です。几帳面な性格ではない方でも楽しく作れるのも魅力ですね」

100円ショップとホムセンのアイテムで男前DIYに挑戦!

「大雑把に作ってもそれなりに仕上がる」と言われると、チャレンジしやすくなるもの。そんなchikoさんのコメントに背中を押されながら、今回は2つの男前インテリア作りに挑戦しました。

どちらも100円ショップのアイテムとホームセンターで手に入るものを使って作れるものですよ。ではさっそくスタート!

【DIYレシピ01】タオルかけラック

参考レシピ

f:id:ponparemall:20170306142904j:plain

(画像提供:STUDIO IN THE AFTERNOON ☆毎日がDIY☆)

ホームセンターで売っている木材と、100円ショップで購入出来るスチール網を使って、タオルかけラックを作ります。

f:id:ponparemall:20170306143022j:plain

<材料>

・側面用の木材(写真左) (幅)90mm×(長さ)360mm×(厚さ)12mm:2本

・天板用の木材(写真中央) 90mm×285mm×12mm:2本

・前板(写真右) 35mm×285mm×12mm:1本

・丸棒 (写真上)(長さ)285mm×直径12mm:1本

・スチール網 約210mm×300mm:1枚(100円ショップで売っているものでOK)

・塗料:好みの色(今回は木目を活かしたかったので、木材に染み込み木目を残したまま色をつけられる塗料を使いました)

木材は、厚さ12mm、幅90mmで長さ1575mm以上のものを購入し、ホームセンターでカットしてもらうと楽です。

近所のホームセンターでは、12mmの厚さのものがムクの木しかなかったので、それをチョイス(Chikoさんのブログでは、杉の木を使用)。どれを買っていいか迷ったら、ホームセンターのスタッフさんに相談してみましょう。

丸棒もジャストの長さのものは売っていないので、木材同様ホームセンターでカット。もちろんノコギリを使って自分でカットしても構いません。

f:id:ponparemall:20170306143049j:plain

組み立て用の材料として、

・「極細スリムビス」もしくは「スリムビス」(写真左):12本

・「ステップル」という電気配線のコードなどを止める釘(写真右):4つ

も用意します。どちらもホームセンターで購入可能。ステップルは配線や電気コーナーに置いてあります。

<道具>

・キリ(もしくは電動ドリル)…ビスを留める場所に穴をあけるために使います

・ドライバー…今回は手動ドライバーを使いましたが、電動ドライバーがあればそちらの方が楽です

・はけ…塗料を塗るのに使用

・紙やすり…ビンテージ感を出したい場合は、塗料を塗った後にやすりをかけると雰囲気が出ます

・直角定規…材料を留める場所を決めるのに使います

・ペン…鉛筆やシャープペンシルでもOK。印をつけるのに使います

材料と道具が揃ったところで、早速DIYスタート!

(手順1)

まずは天板を側板でサンドして、ビスで固定します。下の写真のようなコの字型を作りましょう。

f:id:ponparemall:20170306143202j:plain

ビスをつける位置にキリやドリルで穴を開けてからビスを留めると、板に亀裂が入ることなく留められます。このとき、ビスは左右2か所ずつ、合計4か所留めます。

(手順2)

f:id:ponparemall:20170306143237j:plain f:id:ponparemall:20170306143247j:plain

天板両サイドの内側上部から21cmの位置に印をつけ、もう1枚の天板をビスで固定します。この21cmというのは、100円ショップの網の高さ。ここも左右2か所ずつ、計4本のビスで留めます。

(手順3)

f:id:ponparemall:20170306143315j:plain f:id:ponparemall:20170306143327j:plain

タオルをかける丸棒の取り付けです。両サイドの側板の手前の下から35mmの位置(コの字の下部分)にマジックで印をつけます。印をつけた位置にキリもしくは、ドリルで穴を開けてから、ビスで丸棒を固定します。

(手順4)

f:id:ponparemall:20170306143355j:plain

本体と前板を塗装します。私はchikoさんと同じように前板は白く塗装しました。塗料が乾いたら、ビンテージ感を出すために、紙やすりで軽く削ります。

f:id:ponparemall:20170306143414j:plain

本体は、木材に染み込む塗料を使い、ブラウンに。この塗料は、ある程度素材に色が染み込んだら、いらない布や新聞紙で塗料を拭き取り、流すタイプでした。(塗料によって使い方が異なるので、使用方法をチェックしましょう)

(手順5)

f:id:ponparemall:20170306143447j:plain

塗料が乾いたら、側板の裏側に100円ショップで購入した網を取り付けます。上の写真のように4隅をステップルで固定。ステップルが小さいので、金槌で打ち込むときに、手を打たないように気をつけましょう。網を固定したらこのような形になります。ほぼ完成に近い形になりました!

f:id:ponparemall:20170306143503j:plain

(手順6)

f:id:ponparemall:20170306143538j:plain

最後に、先ほど白く塗った前板を本体の前面にビスで固定します。これは左右1か所ずつ、計2か所を留めればOKです。このときも、ビスを留める前にキリやドリルで下穴を開けます。

f:id:ponparemall:20170306143600j:plain

これで完成! 網の部分に紐を通して壁に吊るして使用します。今回は塗りませんでしたが、Chikoさんのように白い前板の部分にステンシルで文字を入れるとより男前感が高まりますよ!

冒頭の写真のように、予備のタオルを入れるところに、小物を並べるという使い方もアリ。その場合、後ろの網が見えるので、アイアンが効いて男前度がアップします。

【男前DIYレシピ02】アンティーク小物入れ

参考レシピ

f:id:ponparemall:20170306143627j:plain

(画像提供:STUDIO IN THE AFTERNOON ☆毎日がDIY☆)

一見スチール製に見えますが、実はプラスチックでできています。さっそく材料を用意して作ってみましょう!

f:id:ponparemall:20170306143832j:plain

<材料>

・プラスチック製の書類ホルダー:1個(100円ショップで売っているものでOK)

・ドアなどの替えの取っ手とビス:1組(100円ショップやホームセンターで購入できます。お店にもよりますが、留めるためのビスが付属で付いている場合がほとんどです)

・端材:1個(取っ手を固定するために使用するので、取っ手を留めるビスの長さプラス5mmくらいの厚さのもの、長さは取っ手の長さに合わせます)

・アクリル絵の具:赤、ダークブラウン

<道具>

・キリ(もしくはドリル):プラスチックに穴を開けるのに使用

・台所用スポンジ:絵の具を塗るのに使用。ネットに入っているものではなく、片面が硬くなっているタイプのものを選んでください

・ドライバー:取っ手を留めるのに使用

(手順1)

f:id:ponparemall:20170306143915j:plain

書類ホルダーに絵の具を塗ってアンティーク加工をするところからスタートです。いらない紙やパレットに赤とブラウンの絵の具を出し(ブラウン多め)、混ぜ合わせます。

f:id:ponparemall:20170306143935j:plain

スポンジを使いポンポンと、書類ホルダーに汚れをつけていきましょう。特に角や凹凸がある部分に色を乗せ、錆びているように見せます。コツはスポンジに絵の具をつけすぎないこと。かすれているぐらいが、自然な汚れに見えます。

(手順2)

f:id:ponparemall:20170306144004j:plain

書類ホルダー全体に汚れをつけ終わったら、今度は取っ手にも同じ絵の具で色をつけていきます。

こちらはスポンジに絵の具をたっぷりつけましょう。そしてホルダーのときと同じように、ポンポン叩くようにして塗っていきます。叩くことで、毛羽立ちのようなものが出て、本当に錆びているかのような仕上がりになります。

f:id:ponparemall:20170306144025j:plain

ビフォアアフターの取っ手を見比べてみましょう。下が絵の具を塗る前で、上が塗った後です。錆びてる感、出てますよね!? 塗り終わったら、絵の具を乾かします。

(手順3)

f:id:ponparemall:20170306144100j:plain

絵の具が乾いたら、書類ホルダーに取っ手を取りつけます。つける位置にキリ、もしくはドリルで穴を開けましょう。そして内側に端材を当て、あて木にして取り付けます。

f:id:ponparemall:20170306144120j:plain

取っ手をつけて完成でもいいのですが、より雰囲気を出すために、たまたま100円ショップで見つけたコルク製のコースターをボンドでつけてみました。Chikoさんはお手製のラベルをつけていましたよ。

f:id:ponparemall:20170306144138j:plain

ボンドが乾いて、コースターがくっついたら完成です! 書類ホルダーのもともとの色がベージュだったこともあり、オフィスにあるロッカーと同じスチール素材でできているように見えませんか?

作成時間1時間弱 本当にお手軽に作れちゃいます!

初めて男前DIYに挑戦しましたが、最初に聞いた通り、少し大雑把に作ってもそれなりに形になってびっくり。どちらも1時間程度で作れて、挑戦しやすかったです。

また、材料を買うために100円ショップを物色していると、レシピ2でおまけ使いしたコルク製コースターのように、「あ、これどこかで使えそう!」と思うものがたくさん見つかってワクワクしました。DIY目線で買いものをすると100円ショップはまさに宝の山! 活用しない手はありません。部屋の模様替えや新生活に向けて、この春にDIYに挑戦してみては?

(取材協力)

DIYクリエイター chiko

購入した中古住宅の不満解消のために初めたDIYにすっかりのめり込み、ブログやSNSを通して作り方やアイデアを紹介中。「DIYはD愛Y!想いやりの心が、家を快適に素敵に進化させる」をモットーに活動中。WAGON WORKSとして、作品販売やワークショップも開催している。

「STUDIO IN THE AFTERNOON ☆毎日がDIY☆」

写真/宮田浩史

取材・文/鈴木翔子

関連記事リンク(外部サイト)

お部屋のセルフ補修術まとめ! 穴やキズを回復させる方法6つ
オトコのロマン満載! DIYの達人が認めるカッコイイ「電動工具」

カテゴリー : エンタメ タグ :
ポンパレモール、やってます。の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。