体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

フツーの主婦でもできた! 流行りの「男前DIY」にチャレンジしました!

f:id:ponparemall:20170306142622j:plain

ここ数年、女性の間でSNSを中心に盛り上がりを見せているDIY。画像共有SNS「Instagram」のハッシュタグ検索でも「#DIY」だけで2000万件以上の投稿があり、自分のDIY作品や作り方を公開している人がたくさんいます。

そのなかでも最近、「男前DIY」というカテゴリーがトレンドになっているそう。どういったものでしょう? 人気のDIYブログ「STUDIO IN THE AFTERNOON ☆毎日がDIY☆」を運営しているchikoさんにアドバイスをいただき、男前DIYに挑戦してみました!

「男前DIY」ってなに?

「男前DIY」と聞いても、いったいどんなものなのかイメージが湧きづらい…。そもそも男前DIYとは何でしょうか?

「黒をベースに、木材やアイアンを使って、そこにタイポグラフィーを取り入れたインテリアを『かっこいい(=男前)』と表現し、そこから『男前インテリア』と呼ぶようになりました。そして、その男前インテリアスタイルを叶えるために、自分でそういった家具や雑貨を作ったり、リメイクしたり、お部屋を改装したりすることを『男前DIY』と呼んでいるとのだと思います」(chikoさん・以下同)

確かに男前インテリアは武骨でかっこいいイメージです。そんな男前DIYの魅力とは?

「男性でも心地よく暮らせるインテリアスタイルだというのが魅力だと思います。また、男前風に家具を作ったり、雑貨をリメイクしたりする場合は、雰囲気を出すためにエイジング加工(長年使い込んできたように加工すること)を施すのですが、そのときに大雑把に作業してもそれなりに仕上がるのも魅力です。几帳面な性格ではない方でも楽しく作れるのも魅力ですね」

100円ショップとホムセンのアイテムで男前DIYに挑戦!

「大雑把に作ってもそれなりに仕上がる」と言われると、チャレンジしやすくなるもの。そんなchikoさんのコメントに背中を押されながら、今回は2つの男前インテリア作りに挑戦しました。

どちらも100円ショップのアイテムとホームセンターで手に入るものを使って作れるものですよ。ではさっそくスタート!

【DIYレシピ01】タオルかけラック

参考レシピ

f:id:ponparemall:20170306142904j:plain

(画像提供:STUDIO IN THE AFTERNOON ☆毎日がDIY☆)

ホームセンターで売っている木材と、100円ショップで購入出来るスチール網を使って、タオルかけラックを作ります。

f:id:ponparemall:20170306143022j:plain

<材料>

・側面用の木材(写真左) (幅)90mm×(長さ)360mm×(厚さ)12mm:2本

・天板用の木材(写真中央) 90mm×285mm×12mm:2本

・前板(写真右) 35mm×285mm×12mm:1本

・丸棒 (写真上)(長さ)285mm×直径12mm:1本

・スチール網 約210mm×300mm:1枚(100円ショップで売っているものでOK)

・塗料:好みの色(今回は木目を活かしたかったので、木材に染み込み木目を残したまま色をつけられる塗料を使いました)

1 2 3 4 5次のページ
ポンパレモール、やってます。の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。