ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

新生活、疲れやすい体に効く「食べ方のコツ」は?

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

新生活、疲れやすい体に効く「食べ方のコツ」は?
J-WAVEで放送中の番組「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」(ナビゲーター:別所哲也)のワンコーナー「SUNSTAR PLEASURE PICK UP!」。4月25日(火)のオンエアでは、管理栄養士の川端理香さんに「食べ方のコツ」についてお話を伺いました。

川端さんは、管理栄養士としてJリーグやプロ野球、ゴルフ、スケートなど多くのトップアスリートたちの栄養指導を行い、2004年アテネオリンピックではチーフ管理栄養士も務めました。そんな川端さんに、新生活の疲れが出てくるこの時期、「体がだるい」といった疲れに効く食べ方についてお聞きしました。

まず、疲れは人によって違うので、自分の食べたものを紙に書くことから始めるようにと川端さん。これにより、「食べすぎている」「脂っぽいものばかり食べている」といった自分の傾向に気付き、余計なものを食べずに、食事の改善に取り組む姿勢が生まれるのだそうです。

また、体のために必要な栄養素としてオススメは、ビタミンB1、B2、そしてタウリン。これらは疲労回復の栄養ドリンクにも入っているものですが、ビタミンB1は豚肉、うなぎ、レバー、ゴマなど、ビタミンB2は納豆、牛乳、卵、チーズなど、タウリンはイカ、タコといった魚介類に多く含まれているので、これらを意識して摂ることで疲労回復につながるのだそうです。

注意点としては、疲れているとこれらの栄養素をたくさん摂ろう! と考えがちですが、一度にたくさん食べるよりは、例えば昼にうなぎ、夜に豚、といったようにこまめに食べた方が効果があるそう。「ご紹介した栄養素をまとめて摂れる“八宝菜”や、簡単に作れる“イカ納豆”などもオススメです」(川端さん)

またビタミンB2を含む牛乳は、体を強くする食材として知られており、トップアスリートは練習後30分以内の“体づくりのゴールデンタイム”に牛乳を飲んでいるのだとか。牛乳が苦手という人は、水分を含む豆乳や、スポーツドリンクでも代用可能だそうですよ!

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聞き直せます。

【番組情報】
番組名:「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」
放送日時:月・火・水・木曜 6時−9時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/tmr/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。