ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

高橋優、初の横浜アリーナ公演をWOWOWで5/7独占放送

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
高橋優、初の横浜アリーナ公演をWOWOWで5/7独占放送

高橋優が、昨年12月より開催した全国ホール&アリーナツアー2016-2017「来し方行く末」。そのツアーから、アリーナ編の初日となった横浜アリーナ公演の模様を、5月7日17:30よりWOWOWで独占放送する。

荘厳なSEが流れ出して、池窪浩一(Gt)、小島剛広(Ba)、DUTTCH(Dr)、平畑徹也(Key)、須磨和声(Vn)という5人のサポートメンバーが袖から登場すると、ステージの奥から高橋が姿を現した。

鋭く世相を切り裂くような「TOKYO DREAM」から激しくスタート。「横浜の熱いところを見せてくれ!」と、高橋の雄々しい叫びから会場をひとつにした歌謡ロック「太陽と花」では、真っ赤な照明がステージを染め上げていた。

「来し方行く末」というアルバムについて、「自分と共に歩いてくださった皆さんと一緒に過ごせたいままで、自分とつながってくださる皆さんと共に歩んで行きたい、それを強く意識して作りました」。そんなMCを挟むと、中盤からは最新アルバムの楽曲が次々に披露された。

人との心の通った関わり方を望む「アイアンハート」、ゴキブリのようにしぶとく生きてやると歌う「Cockroach」、不甲斐ない自分と君との小さな物語を綴ったミディアムテンポ「君の背景」など、日常生活で揺れる心模様をつぶさに描きだした曲たち。素晴らしかったのは、ピアノの艶やかなイントロにのせて届けた「さくらのうた」だった。それは咲き誇る桜と、散ってなお力強く立つ大樹の美しさを描く、高橋優らしい桜ソングだ。

そして、美しいバイオリンの音色とともにミラーボールが放つ無数の光が横浜アリーナを照らし出した「光の破片」、新しい命の誕生に“お幸せに”の代わりとなる歌を届けたいという想いで書いたという「産まれた理由」。自分自身の主張を強く歌うだけでなく、誰かの心とつながるための歌へ、より歌い手として表現の幅を広げる高橋の歌は、デビュー7年目を迎えて、いよいよ深みを増していた。

新たに加わったライブチューン「Mr.Complex Man」をはじめ、いまや高橋の代表曲になった「明日はきっといい日になる」の盛大なシンガロング、地元・秋田名物の巨大なまはげのオブジェがステージに現れた「泣ぐ子はいねが」の横浜にちなんだコール&レスポンスなど、クライマックスにかけて怒涛のアップナンバーで会場をひとつにした高橋。

最後のMCでは、「ライブが終わると寂しいですが、この自分の想いが音楽という形で、みなさんのそばに居続けますように」と願いを込めて届けた「BEAUTIFUL」でライブを締めくくった。アコースティックギターとバイオリンの優しい音色に、次第に加わったバンドサウンド。まるで気落ちした親しい友人をそっと励ますような素朴な歌は、“これから一緒に生きていこう”と、そんなふうに聴こえる勇気の歌だった。

アンコールは「福笑い」を含む3曲。最後まで観客の顔を真っすぐに見つめながら、真摯な歌を届けた高橋優は、きっとこの先も、心の深いところで人とつながるための歌を歌い続けるのだろう。

なお、抽選で5名に高橋優のサイン入りツアーフェイスタオルをプレゼントする会員限定キャンペーンを実施中。詳細はWOWOW番組サイトにて。

番組情報
高橋優 全国ホール&アリーナツアー 2016-2017「来し方行く末」
5月7日(日)17:30[WOWOWライブ]
収録日/場所:2017年4月1日/神奈川・横浜アリーナ
番組サイト:http://www.wowow.co.jp/music/takahashiyu/

関連リンク

WOWOWhttp://www.wowow.co.jp/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。