ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

沖仁、葉加瀬太郎&亀田誠治を迎えたデビュー15周年記念盤を6/7リリース

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
沖仁、葉加瀬太郎&亀田誠治を迎えたデビュー15周年記念盤を6/7リリース

日本を代表するフラメンコギタリスト・沖仁のデビュー15周年記念アルバム「Clásico [クラシコ]」が、6月7日にリリースされる。

アルバムにはストリングスを起用したクラシカルなムードのフラメンコや、プログラミングをまじえたコンテンポラリーなアプローチの楽曲など全12曲を収録。沖の華やかなオリジナル曲「Tierra [ティエラ] 〜大地行進曲〜」では、近年、レコーディングやコンサートでの共演を通し親交を深めてきたバイオリン奏者・葉加瀬太郎がゲスト参加、亀田誠治がプロデュースを担当した。

また、野村不動産のCMでも使われたジャズ・スタンダード「Someone to watch over me」や、「禁じられた遊び」「ロミオとジュリエット」などの映画音楽も収録。フラメンコの伝統を継承しながらオリジナリティ溢れた音楽に昇華させた、デビュー15周年に相応しい内容のアルバム作品に仕上がっている。

沖仁 コメント
このアルバムは、僕にしては珍しく4年近くの長い時間をかけてじっくり制作されました。収録曲のアレンジのほとんどは、コンサートでのお客さんとのやりとりを通じて少しずつ形になって来たものです。
レコーディングに関わってくれた皆さんはもちろん、ツアーメンバーとスタッフのみんな、そしてライブに来てくれた一人一人が制作に手を貸してくれたと思っています。まずは皆さんにありがとうを言わせてください。
演奏を重ねるにつれて、削がれるところは削がれ、ふくらむところはふくらみ、まるで時期が来て実がなるように、自然と花がひらくようにして出来たこのアルバムは、Clásico [クラシコ](=クラシック)と言います。近年、特に多かったストリングスとの共演を全面的にアレンジに取り入れ、またフラメンコの形式を踏まえた曲にはあえて古典のアプローチをほどこしたことなどが由来です。
12曲の短編ストーリーが、新たな大きな物語としてあなたに語りかけてくれる事を願っています。

葉加瀬太郎「Tierra [ティエラ] 〜大地行進曲〜」へのコメント
沖へ
素晴らしい機会を本当にありがとう。超楽しかった。
これまでも何度も共演したけど
その中でもずば抜けて楽しかった。
早くライブでやろう。楽しみにしてる。
釣りにも行こう。大好き、沖。

亀田誠治「Tierra [ティエラ] 〜大地行進曲〜」へのコメント
今ここにインストの名曲が生まれました。
これは、沖仁と葉加瀬太郎の奏でる歓びの歌です。
「Tierra [ティエラ] 〜大地行進曲〜」の誕生に立ち会えたことを心から嬉しく思います。

リリース情報

デビュー15周年記念アルバム「Clásico [クラシコ]」
2017年6月7日(水)発売
VICL-64793 2,800円+税
<CD>
1. Spain (Chick Corea)
2. マドリードの花市場 (沖仁)
3. Tierra [ティエラ] 〜大地行進曲〜 con 葉加瀬太郎 (沖仁)
4. 禁じられた遊び (Traditional)
5. Estrellas [エストレージャ] 〜星空と涙〜 (沖仁)
6. アグヘータを訪ねて (沖仁)
7. Al norte – Al sur [アル・ノルテ – アル・スール] (沖仁)
8. ロミオとジュリエット (Nino Rota)
9. Trémolo [トレモロ] 〜お別れの歌〜 (沖仁)
10. 乱れ咲きフローレス (沖仁)
11. Someone to watch over me (George Gershwin)
12. Esperando [エスペランド] 〜まっているよ〜 (沖仁)

関連リンク

沖仁 オフィシャルサイトhttp://jinoki.net/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。