ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

旅行サイト「Expedia」がVR技術を導入!予約前に施設に入ったような体験が可能に

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

ExpediaVRオンライン旅行予約サイトの「Expedia」では、先端技術を活用しようと取り組んでいる。昨年、チャットボットを通じて旅行相談できるサービスを開始したが、今度はVRの技術を導入しようとしているようだ。

Expedia“Product and Design”の上席副社長Arthur Chapin氏が、シンガポールのオフィスでデモを公開したという。

・予約前に、目当てのホテルや観光地をVRでライブ体験

ユーザーから見れば、高価なツアーやホテルの予約にはリスクが伴う。あらかじめ写真を見たり、紹介文を読み込んだりして情報を集めるが、よりリアリティある情報、ライブ感がある情報はいくらでも欲しいのが実情だろう。

ExpediaVR2そこで活躍するのがVRの技術。ホテルのドアを開けたり、バルコニーに出てみたり……といったVR体験を通じて、ユーザーは旅行検討先のイメージをよりつかみやすくなる。

近年各社からローンチされているVRギアは、一般家庭にも身近な存在になりつつあり、将来的には自宅での予約時に利用する……なんてことも可能になるかもしれない。

・音声技術など、最新技術の導入も

「Expedia」が検討しているのはVRだけではない。「Amazon Echo」のようなスマート音声デバイスを旅行予約に活用しようという試みだ。もちろん、先述のチャットボットもその一環。

同社では昨年10億ドル超の技術投資をおこなった。VR、音声技術のほか、electromyography(EMG、筋電図検査)の研究にも取り組んでいる。EMG検査は筋肉の活動性を調べる生理学的検査のひとつ。ウェブサイト閲覧中のユーザーの顔の筋肉の反応と、感情との関係性を追跡し、予約時の不満や不便性を把握する手助けとなる。

同社では、2020年までに総予約規模を1000億ドル(1100億ドル)に増やすという目標を掲げている。私たちユーザーとしては、より便利に快適に、多くの有用な情報が利用できるに越したことはない。今後の動向を見守りたい。

Expedia

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。