ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

【2017年新作】秋冬に発売予想!おすすめスマホ新機種情報

  • ガジェット通信 GetNewsを≫

できるだけ新機種のスマホが欲しい!そう考えている方。長期の休み中にでも、何となく機種変更に行くと後で後悔する可能性もあります。あくまで噂ですが、2017年の秋冬までには発売されると予想している新機種のおすすめスマホをご紹介します。2017年はスマホ発売の中でも重要な節目を迎えるメーカーもあり、選ぶときは慎重にいくことをおすすめします。

秋冬に新作発売予定のスマホ

null

毎年のように新作が発売されるスマホ。2017年の秋冬も新モデルがいくつか登場するという予想情報をキャッチしました。新機種のために、今後のスマホをどうするかということを考えておきませんか?まずは秋冬に発売予定、おすすめのスマホ機種をご紹介し、その後にお手持ちの端末はどうすればいいのかについてご紹介したいと思います。

iPhoneの新作が発売されるのではないかと予想

null

iPhoneは10周年である

2017年は、iPhoneが初めて発売されてからちょうど10周年にあたる年です。今までの流れでいくと、2017年は「iPhone7s」とSがついた、性能がグレードアップした端末が発売されると予想しますが、記念すべき10周年ともなると、別名で発売される可能性が高いですね。

https://twitter.com/tadanohato/status/852847545206231043
https://twitter.com/mocovtec/status/852526513140277248

発売されるならいつ?

2017年4月の段階では、はっきりとした発売日はまだ決まっていません。しかし、発売されるのであれば記念として2017年中にでも発売されるのではと予測している人が多いのは事実。次のiPhoneモデルを購入予定であれば、秋冬のスマホ情報が出るまでは待っておいた方が良いでしょう。

噂ではありますがiphoneに関する新たな情報

次回発売のiPhoneは、インチ数の異なる3種類が発売されるのではという話もあります。

スマホって、日常的に使用するものなので、ほんの少しのサイズ感で使い勝手が決まりますよね。少し大きいから前のモデルの方が良い、小さくて見にくくなったから別のモデルのものの方がよかったのかもしれない…そんな後悔も、次回のモデルでは改善が見られるかもしれません。

もし3種類もの新サイズの発売が決定したら、店頭で実際に実物を見て、自分に合ったモデルを見つけたいところ。

情報筋によると、10周年のプレミアムモデルは前面がすべてスクリーンになる予定で、iPhone 7に近いサイズ感でiPhone 7 Plusよりもわずかに大きなディスプレイサイズを実現できるとのこと。さらに、これまであったホームボタンを完全に排除し、ソフトウェアを用いてスクリーン内にホームボタンを再現する予定です。これにより、iPhoneのサイズを大きくしないまま、ディスプレイのサイズアップが図れるとのこと。出典:gigazine.net

xperiaからも新モデルが登場!

null

MWC2017で既に発表済み

Xperiaから発売、次世代フラッグシップスマートフォンXZ Premium、XZs、XA1、XA1 Ultraの4つの機種が発表されました。バルセロナで開催されたMWC2017の2月27日に発表がされており、こちらは発売が確定していますが、いつ購入可能になるかは、4月の段階でははっきりしていません。

https://twitter.com/found_go/status/849964765317185536
https://twitter.com/dmaruspinky/status/855750930909626368

2017年中に発売されることは確実

さまざまなメーカーから、既にこちらの新モデルに合わせたケースなどが発売開始されており、xperia愛用者の間では盛り上がっているよう。秋冬かどうかははっきりしていませんが、さすがに2017年中に発売されることは確実です。

xperiaの新モデルはカメラに力が入っている!

スマートフォンとしては初である、最大960fpsもの高速度撮影が可能である「スーパースローモーション」機能搭載。カメラ好きの方は、カメラも持ち歩くかと思いますが、それでもスマホに付属している機能として試してみたいという気持ちもあるはず。新モデルでは、よりクリエティブに活躍すること間違いなしですね。

メインカメラは2300万画素、有効画素数約1,900万画素と、高画質で色鮮やかな写真の表現も可能です。

世界初、最大960fpsのスーパースローモーション機能を搭載しました。新規開発されたPredictive Capture(先読み撮影)機能では、被写体の動きを検出すると、自動的に最大4フレーム分の画像をバッファリングし、シャッターが押される直前の画像も記録することで、決定的な瞬間を捉えます。これらは、新たに有効画素数約1,900万画素のメインカメラとして搭載した、Motion Eye(モーションアイ)カメラシステムにおいて、新開発のメモリー積層型CMOSイメージセンサー Exmor RS(エクスモア アールエス) for mobileを採用することで実現しています。出典:sonymobile

不要になったスマホは買取へ

null

うっかり、新モデル発売前に別の機種を手に入れてしまったり、不要になったモデルが手元に残るという方は、早めに買取してもらいましょう。支払いが終わっているモデルであれば、より買取はスムーズです。

まずは売りたいスマホが買取可能である店を調べるため、そしていくらで売れるのかを知るためにもスマホ買取店へ見積もり査定額の相談を。最近はメールや電話で見積もり査定額が問い合わせられることもあり、今すぐ価格を聞くことも可能です。

スマホ買取店の情報が知りたい方はウリドキサイトへ。こちらのサイトでは実際に買取してもらった際の口コミ情報や、買取店ごとのサービス内容もまとめて確認できるので、売りたいと思った時にぜひ活用を。

→ウリドキのホームページへ

2017年のスマホ選びは慎重に!

null

新機種の発表はされても、発売日までは確定していないことがよくあります。2017年はiPhoneが節目を迎える年ですし、xperiaはMWC2017で新モデルを発表を終えています。いつ発売されてもおかしくない状況で、新モデルを狙っている方は、スマホ購入は慎重にいきましょう。不要になったモデルを持っているという方は、買取してもらうのがおすすめですよ。

カテゴリー : エンタメ タグ :
買取比較サイトURIDOKI(ウリドキ)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。