ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

【厳選】定番から穴場まで!静岡女子旅おすすめスポット

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
【厳選】定番から穴場まで!静岡女子旅おすすめスポット 静岡女子旅

静岡といえば、富士山や温泉、海を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。

しかし静岡の魅力はそれだけではありません!

今回は、静岡に住んでいたライターが女子旅におすすめのスポットをご紹介します。

【静岡の最西端 浜松エリア】

雨の日でも!「浜名湖オルゴールミュージアム」

実は、静岡は「音楽」が非常に有名です。楽器で有名なヤマハの本社がここにあることも、この「音楽文化」に影響を与えているのだとか。

さて、そんな浜松には、「浜名湖オルゴールミュージアム」というところがあります。

ここは1999年に開館しました。 オルゴール館

浜名湖オルゴールミュージアムの一番の特徴は、「自動演奏楽器」にあります。

自動で音を奏でる美しい楽器の音色は、その不思議さと相まって、私たちの心に静かな感動をもたらしてくれるでしょう。

音響空間も素晴らしく、きれいな音色にうっとりできることでしょう。

また、自動演奏楽器以外にも、さまざまな楽器が飾られています。

からくり人形のようなオートマタなどは特に評判のよいものであり、スタッフの方の解説も楽しめます。

浜名湖オルゴールミュージアムは、お土産品も充実しています。自分自身で作ることのできる「手作りオルゴール」は、世界にたった一つしかないものです。

「手作りオルゴール」といっても、「オルゴールの音響部分を自分で一から作る」ということはありません。80種類以上の曲のなかで好きなものを選び、その周りに手作りのオルゴール箱を設置する、というものです。

オルゴールの箱は、自分の好きなように装飾することができます。世界にたった一つしかないものなので、一生の思い出になりそうですね。

また「ミュージアムショップ」として、日本のなかでも有数の規模を誇るオルゴールショップがあります。ラインアップも豊富で、常時1000点以上のオルゴールがあり、ときどき取り扱っている種類が変わります。何度行っても楽しめますよ!

浜名湖オルゴールミュージアムのもう一つの魅力は、360度、さえぎるものがない展望台から見る浜名湖の美しい景色です。ただ、浜名湖オルゴールミュージアム自体は雨の日でも十分に楽しめますから、あいにくの雨に見舞われたときには、このようなところを選ぶのもよいでしょう。 浜名湖オルゴールミュージアム

住所/静岡県浜松市西区舘山寺町1891

「浜名湖オルゴールミュージアム」の詳細はこちら

絶対に行きたい!新しい観光スポット「ぬくもりの森」

「ぬくもりの森」は、比較的新しい観光スポットです。

施設の構想は1983年ごろからあったのですが、現在のようなかたちになったのは、2000年代に入ってからです。

そして、今の広さに至ったのは2010年になってからのことです。 ぬくもりの森

一番の魅力は、「建物の外見」にあります。中世ヨーロッパを思わせるようなさまざまな建物があり、レンガや石が建材としてふんだんに使われています。

また、いろいろなところに木が植えられており、優しい雰囲気の街並みになっています。

まるでおとぎの国に迷い込んだかのような世界観は、心をワクワクさせてくれます。

まさに「レトロかわいい」を地で行くものだと言えるでしょう。

一つの町並みのようになっており、ちょっとした隠れ道のようなところもあり、なかなか楽しめます。

町の中は、雑貨屋さんとカフェで構成されています。

雑貨屋さん同士が繋がっているつくりになっているところも多く、みんなで楽しくお買い物ができるのもポイント。

この町によく合った、雰囲気満点のカフェも至るところにあり、スイーツなどお店ごとの独自色のある料理を探すのも楽しみです。

町並みの雰囲気を楽しむだけでも十分に甲斐のあるところです。

基本的には木曜日がお休みですが、それ以外の日に行っても臨時休業をしていることも。

「このお店に行きたい!」ということであれば、事前に問い合わせをしておいた方が良さそうです。

ぬくもりの森へは、東京から電車に乗って2時間30分~3時間程度で行くことができます。

新幹線で浜松駅に行き、遠鉄バスに乗り継いで行きます。

ちょっと遠いけど友達とおしゃべりしながらおとぎの国に行ってみてはいかがでしょう。 ぬくもりの森

住所/静岡県浜松市西区和地町2949

「「ぬくもりの森」の詳細はこちら

たった一人でつくりあげられた美しいばら園「ばらの都苑」

ばらは、育てたことのある人ならばわかると思いますが、非常に手間暇とお金がかかるものです。病気や雨に気を付けなければいけませんし、育てるためにも苗を買うためにもお金がかかります。「花の王様」「美しいものの象徴」であるばらを育てることは、決して簡単なことではありません。 薔薇1

しかし、静岡にある「ばらの都苑」は、そのような大変な作業を、たった一人で行った人によって建てられました。

これを育てた人というのは、「天野さん」という男性です。

彼は、鉄工所などを経営する経営者であり、ばら農家というわけではありませんでした。こんな彼が、ばら園をつくろうしたことには訳があります。

このばら園を作った人には、若いときから連れ添った奥様がいました。経営者であった天野さんをいつも心から支え、内助の功として忙しい天野さんを助け続けてきた奥様でしたが、そろそろ引退かというとき、その奥様が病に倒れてしまいます。

そんな奥様が愛した、ばらの花。

亡くなった奥様にささげようと、天野さんはばらの手入れを始め、ばら園をつくることに着手します。現在ではそのばらの数は膨大なものとなり、なんと1500株、実に300種類ものばらが咲き乱れています。

また、この「ばらの都苑」は、ばらの見せ方がなかなか面白いことでも知られています。城のように組んだ枠にばらを這わせ、ばらのお城を作っています。

また、東屋のようになっているところもあります。 薔薇2

個人で作られたものとは思えない規模の庭に、圧倒的な美しさを誇るばらがあちこちで咲いています。その光景は、女性同士の旅や恋人同士の旅にもぴったりでしょう。

なによりも、この庭をただ一人でつくりあげた天野さんのロマンスが、あなたの胸をきっとうつはず。

ばらの都苑のもっともおすすめの見どころ期間は、やはり5月。この時期に、さまざまなばらが開きます。

その美しさは言葉では表現しきれないほどです。

ばらの都苑は、東京から電車とバスで2時間30分ほどのところにあります。

ばらの都苑は、ただ一人、奥様だけにささげられたもの。

そのためかどうかはわかりませんが、この施設は、これほどまでに広い空間であり、手入れにお金がかかっているというのに、入場料金がかかりません。

また、駐車場料金も無料です。 ばらの都苑 研究畑

住所/住所/静岡県浜松市中区花川町1288

【浜松市】雨の日でも満天の星空……浜松科学館のプラネタリウム

雨の日でも満天の星空を楽しめるところがあります。

それが、浜松科学館のプラネタリウムです。 浜松科学館プラネタリウム

浜松科学館は、文字通り、「科学」に焦点をあてた建物です。

さまざまな講座を行っていたり、サイエンスショーをやっていたりすることで知られています。

小学生たちの研修の場としても使われています。

ただ、女子旅におすすめなのは、やはり「プラネタリウム」でしょう。

このプラネタリウムは、平日は14:00からと16:00から。土日祝日や春休み・冬休みは11:00からと14:00、15:00からと16:00からの4部制でやっています(夏休みのみ、さらに13:00からの開園もくわわります)

1回の上映は40分程度です。

非常に美しい星空が浮かぶのですが、これは季節によって上演内容が異なります。つまり、何回行ってもいつでも自然な気持ちで楽しむことができるはず。

大人な女子におすすめしたいのが、特別コンサートや「金曜日のナイト・プラネ」。特別コンサートは1か月に1回程度の割合で開かれており、プラネタリウムの下で、ピアノの演奏などを聞くことができます。

デートによし、友だちとの旅行にもよしのおすすめプランです。

「金曜ナイト・プラン」は、完全に「大人」に焦点を当てたものです。19:00から始まり1時間程度で終わるのですが、「夜にプラネタリウムを楽しむ」ということが可能です。

日々の疲れを癒し、さまざまな新しい知識を手に入れられるところなので、ぜひ足を運びたいところです。「夜のプラネタリウム」とは、なんともロマンチックですね!

東京駅から電車で、1時間40分~2時間程度。

浜松駅から徒歩5分ぐらいで到着するので、金曜日に早めに仕事を終わらせて行くのもいいでしょう。 浜松科学館

住所/静岡県浜松市中区北寺島町256-3

「浜松科学館」の詳細はこちら

おいしい食べ物がたわわに実る!「はままつフルーツパーク」

静岡県はたくさんの「おいしいもの」がありますが、そのなかで今回注目したいのは「フルーツ」です。

静岡は、みかんの名産地として知られています。ただ、それ以外にも、イチゴや桃、ブルーベリーといったさまざまなフルーツが育てられています。

それらを楽しめるのが、「はままつフルーツパーク」です。 はままつフルーツパーク

はままつフルーツパークは広大な敷地面積を有し、そのなかでさまざまな果物を育てています。

四季折々の果物が楽しめる場所であり、たとえば4月ならばイチゴを取り扱う……というように、旬の果物を味わうことができます。

はままつフルーツパークのなかでもっとも楽しいのは、やはり、「フルーツ狩り」なのではないでしょうか。自分自身でフルーツを狩り、それを持って帰ることができます。

はままつフルーツパークでとれるフルーツは、いずれも実が大きく、濃厚で、ボリュームがたっぷりあります。1個だけでも満足感があるため、1個だけ持って帰る……というようにしてもよいでしょう。

リンゴなどは、そのまま食べてももちろんおいしいのですが、ジャムにしても砂糖に負けない個性を放ち、一段階上のジャムを作ることができます。

果物は美容にもよいですから、ぜひ女子旅の一つに組み込みたいものですね。

はままつフルーツパークは、入場料として、大人・高校生以上なら700円ですが、フルーツ狩りは別料金です。園内では、「○○円出したら食べ放題」のようなプランはなく、その都度、フルーツを量り売りして購入することになります。

はままつフルーツパークは、東京から電車とバスで3時間程度の距離にあります。ただし、駅からは遠いので、駅でレンタカーを借りたほうが便利かもしれません。

駐車場は800台あるので、駐車場難民になることもないでしょう。 はままつフルーツパーク時之栖

住所/静岡県浜松市北区都田町4263-1

「はままつフルーツパーク時之栖」の詳細はこちら

【東京から近い 伊豆エリア】

美しい景色も楽しめる「恋人岬」

日本には、数多くの「恋人岬」がありますが、静岡にもあります。 恋人岬

恋人岬へは、東京から電車で3時間20分程度行った伊豆にあります。岬から一望できる景色は、絶景の一言!

恋人岬には、「金の鐘」と呼ばれる名物の鐘があります。これは、同じように「恋人岬」という名称を掲げたグアムのそれと提携したときにグアム側から寄与されたものだということです。(なお、グアム側には「銀の鐘」があります)

これを鳴らすと恋がかなうと言われています。軽く振るだけで音も響きますが、その音も、美しい景観のなかに消えていくでしょう。

本当にロマンチックな場所なのでおすすめです!

恋人岬は、恋の成就を祈ったり、恋が長続きしたりすることを祈って、カップルや女性が訪れる場所です。

ただ、それ以外にも、「景観の見事さ」が目を引くことでしょう。

恋人岬は桜などの名所としても知られており、美しい風景を楽しむことができます。

ちなみにこの恋人岬、パワースポットとしても知られており、結婚式を挙げることもできます。

女子旅でここを訪れて気に入ったのなら、次は恋人と、そしてその次は結婚式のために……と訪れるのもよいのではないでしょうか。

ただ、この恋人岬は、岬までの距離がかなりあり、結構歩きます。そのため、歩きやすい靴で行った方がよいでしょう。

道自体は割合平坦なものではありますが、人によっては、その「距離」にばててしまうかもしれません。

恋人岬というと、「両思いの人がいく場所」というイメージを持つ人も多いかもしれませんが、恋人岬は「恋が実ること」を祈願する場所でもあります。

そのため、女性だけ、あるいは片思いの人がいる、という人だけで行っても面白いものですよ。 恋人岬

住所/静岡県伊豆市小下田3135-7

「恋人岬」の詳細はこちら

静岡ならではの女子旅をみんなで楽しんでみてははいかがでしょうか。

関連記事リンク(外部サイト)

静岡へ日帰り観光!富士山が見えるパワースポットと癒しスポットまとめ
【2017】GWファミリーのおでかけに!こいのぼり&こどもの日イベント7【九州】
九州の小京都!?女子旅にオススメ!日田・天ヶ瀬の胸キュンスポット6選【大分】

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
じゃらんニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。