ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

直射日光から車を守る!ワンタッチで広がる車のテント「Lanmodo」がよさそう

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
fullsizeoutput_2860暖かくなり、日差しがぐんぐん強くなってきた。これから車で出かける機会も増えてくるかと思うが、屋外に駐車して車内がサウナのようになってしまった経験はだれにでもあるだろう。

そうした車内温度の上昇を防ぐグッズを今回は紹介しよう。車の屋根につけるテント「Lanmodo」。ジャンプ傘のようにワンタッチで開閉ができ、日差しだけでなく落ち葉や雹などから車を守るのにも活躍する。

・開閉はたったの8秒

Lanmodo は大きめのジャンプ傘というイメージ。屋根の中央に吸盤で固定し、テントから伸びる盗難防止用ロープをドアにはさむ。

fullsizeoutput_2862そして、リモコンのスイッチを押すとテントが広がる。開閉にかかる時間はたったの8秒。テントが広がったら風で飛ばされないように、サイドミラーとドアの取手にロープを固定する。

テントを設置することで、車内温度の上昇が抑えられ、ない場合と比較すると36度も温度差が出るという。

・ビーチパラソルに変身!

屋外での使用が想定されるので強度が気になるところだが、Lanmodo の骨組みはファイバーガラス製。強風や雹などでも壊れない。加えて、吸盤は70キロの負荷に耐えられるとのこと。

fullsizeoutput_2864また、Lanmodo は防水仕様になっていて、アタッチメントを使えばビーチパラソルやアウトドア用のシェードとして使えるというのも便利。キャンプなどに持っていくと活躍しそうだ。

ありそうでなかった車用テントのLanmodoは現在、クラウドファンディングサイトIndiegogoで出資を募集中。今なら239ドル(約2万6000円)の出資で入手できる。

すでに目標額を達成していて商品化はほぼ確実な情勢。加えて、発送は今年7月を予定していて、さっそくこの夏から使えそうなのも嬉しい。出資はあと1カ月ほど受け付ける。

Lanmodo/Indiegogo

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。