ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

マドンナの伝記映画、ユニバーサル・スタジオが製作開始

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
マドンナの伝記映画、ユニバーサル・スタジオが製作開始

 ユニバーサル・スタジオがマドンナの伝記映画を製作することが決まった。“ブラック・リスト”と呼ばれる、ハリウッドの業界人が選ぶ高評価な未製作脚本ランキングの2016年版でトップになった、Elyse Hollander(エリース・ホランダー)による『Blonde Ambition(原題)』にゴーサインを出したことが明らかになった。

 プロデューサーはユニバーサルで『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』を製作したマイケル・デ・ルカ。『ラッシュアワー』シリーズの監督として知られるブレット・ラトナーのラットパック・エンターテイメントと、ベルビュー・プロダクションズのJohn Zaozirnyも製作に関わる。脚本のHollanderはアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥが『バードマンあるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』を監督していた時のアシスタントを務めた人物で、今作が脚本家デビューとなる。

 物語の舞台は1980年代初期のニューヨーク。女性の扱いがひどい業界で奮闘するマドンナ・ルイーズ・チッコーネは、始まりつつある恋愛や名声のかすかな兆候に対応しながらファースト・アルバムを制作する。

 1978年にダンスの道へ進む為に米ミシガン州からニューヨークに移り住んだマドンナは、歌とソングライティングに自然に移行した。ロック・バンドが失敗し、ダンスとポップ・ミュージックに転向した彼女は、数曲のダンス・シングルでいくらか成功した後、1983年にリリースされたデビュー・アルバム『バーニング・アップ/Madonna』の制作を開始した。このアルバムは「ホリデー」、「ボーダーライン」、「ラッキー・スター」などのヒット曲を生み、画期的な次作『ライク・ア・ヴァージン』の土台を作った。 

 デ・ルカは『ソーシャル・ネットワーク』、『マネーボール』、『キャプテン・フィリップス』などの大作にも関わっているプロデューサー。2017年の【第89回アカデミー賞】の生放送の製作を担当し、来年も製作することが決定している。

関連記事リンク(外部サイト)

マドンナ、「自由の為に戦う全ての女性へ捧ぐ」ショートフィルムを公開
ビヨンセ/マドンナ/J・レジェンド/コールドプレイら、国際女性デーを支持する公開書簡に署名
マドンナ、新たに双子を養子にしたことを認める

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。