体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【京都】石塚英彦さんと一緒に伏見の銘酒を堪能!【澤屋まつもと】

f:id:uralatokyo:20170417124215j:plain

松本酒造の銘酒「日出盛」を持ってニッコリの石ちゃん

こんにちは。メシ通レポーターのおかんです。『メシ通』は全国各地のグルメレポーターたちがオススメのうまいメシ・おもしろいメシを紹介するメディアなのは周知の事実ですよね。読者のみなさんのなかでも「●●さんの記事は毎回ウマそうなのが伝わってくるわ〜」的な、推しレポーターがいるかもしれません。

ところで、グルメレポーターでもっとも代表的な人といえば誰を想像します?

そう、あの人ですよね?

石塚英彦さん。

あっちこっちの番組で全国のおいしい料理を食べまくっているわけですが、じつはWebでも看板番組をお持ちの石塚さん。もとい石ちゃん。

それはAmazonプライム・ビデオで独占配信されている『石ちゃんのSAKE旅』

石ちゃんが全国各地の酒蔵を巡り、その土地の水や空気に触れ、杜氏さんの情熱に触れ、うま……まいうーなお酒と料理に舌鼓を打つ、日本酒をテーマにしたグルメ旅番組です。

在住地である京都での『石ちゃんのSAKE旅』京都編の収録があるという情報を手にし、芸能人見たさという超ミーハーな理由で収録現場の記録とともにその様子をコッソリ拝見してきました。

f:id:uralatokyo:20170417104916j:plain

▲京都編で紹介する酒蔵のひとつは全国の酒飲みが愛する京都伏見・松本酒造。「日出盛」や「澤屋まつもと」で知られる

番組の魅力を出演陣に聞いてみよう

f:id:uralatokyo:20170417105025j:plain

▲杜氏の松本日出彦さんが、蔵内を案内します。石塚さんと一緒に各酒蔵を巡っているのは、室町時代から続く老舗の酒店「油忠」の店主であり、日本酒の定期購入サービス「SAKELIFE」を運営している高橋正典さん

番組は、毎回こんな流れになっています。 酒蔵を見学して、その酒蔵独自の製法などを学ぶ お酒を試飲して、味の特徴やそのお酒が生まれたワケなどを学ぶ 酒蔵の方々とお店に移動し、お酒とのマリアージュを楽しむ

日本酒に関するトリビアから、各酒蔵の日本酒に合う食事まで幅広い知識を得ることができる当番組の魅力や紹介する酒蔵について聞いてみました。

──いままで「日本酒だけ」「料理だけ」を紹介する番組はありましたけど、お酒あり料理あり……っていう番組構成は珍しいですね。

石塚さん:日本酒を紹介するのみなら、酒蔵でお酒を飲むだけで十分なんですけど、せっかく各地におもむいているので、その土地を紹介できればなと。ましてや「お酒単体ではなく食とのマリアージュを楽しむ」っていうのを紹介できたのは、新しい試みかもしれませんね。

f:id:uralatokyo:20170417124334j:plain
1 2 3 4 5 6次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。