体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

子どもの「いじめサイン」にすぐ気が付く親になるには

子どもの「いじめサイン」にすぐ気が付く親になるには

こどもはSOS をだせない

「うちの子がいじめなんて、まさか。」「ちゃんと毎日学校にも行っているし、うちの子は大丈夫。」などと思っていませんか?中には、自分の子どもがいじめにあっていると言う現実を受け止めきれない親もいます。

しかし、今どきの「いじめ」というものには我々大人が考えもしないようなたくさんの種類があり、子どもが何も言ってこないから大丈夫と思っていては、取り返しのつかないことになってしまいます。

子どもは、自分がいじめられていたとしてもなかなか親に言い出せないものです。実際、親には言えず、私が把握したいじめも多数あります。そんな子どもたちが異口同音言うのは、「親に心配かけたくないから言えなかった」。

また一方では、「親に言っても聴いてくれない」「自分で嫌だと言いなさいと言われた」「先生に言いなさいと言われた」「親が忙しそうにしていて話す時間が無い」などの声も上がっています。

もしも、自分の子どもがいじめにあっていたら……親としては、可能な限り早い段階で気づいて救い出してあげたいものです。

何かしらのサインはある

しかし、必ずと言っていいほど、子どもは何かしらのサインを出しています。

例えばこんなことはないですか?

親が家事なり何かの仕事をしているとき、子どもが「ねえお母さん!」と何気ない一言をかけてくる。ちょうどその時、親は手が離せず、「何?今忙しいから後にして」。日常どこにでもありそうなやり取りです。

子どもは、面と向かって話があるなどなかなか言えないのです。親が何かをしているときにこそ、さりげなく声を掛けやすいのかも知れません。でも心の中ではドキドキです。しかし、そこで「後にして」と言われ、時間が経ってから「さっきの話なあに?」と言われても、もう子どもが話したいと思った勢いが無くなっているのです。

子どもが親に自分自身のことを話すのには勇気や勢いが必要です。子どもが話したい時と、親が聴きたい時のタイムラグがどうしても生まれてしまいます。お父さん、お母さんには、このタイムラグがあることを理解しておいてほしいと思います。だから、子どもが何か話があると言った時は、必ず手を止めて聴いてあげて欲しいと思います。

どうしても無理という時には、「後で」という言い方では無く、「何分後」というように具体的に数字化してあげることがとても大事です。数字化すると子どもの方も納得しやすくなります。大人は「後で」とか、「いつか」というざっくりした言い方をついついしてしまいますが、安心させるためにも数字できっちり示してあげることが大切なのです。

親が心に余裕を持って、しっかり子どもの様子を見てあげる、そして何か変化を見つけたら声をかけてあげる、これが重要です。必ずしも、四六時中一緒に過ごして長時間子どものそばにいなければ、いじめのサインには気が付けないというわけではありません。

子どものいじめを知ったらどう対処する?

親の役割は、どこからがいじめかを判断することよりも、とにかく子どもを守ってあげることだというのを忘れないでください。「学校の先生に言っても大丈夫?」とか「問題が大きくならないか心配」など不安に思うこともあるかもしれませんが、先生に伝えることが問題になるわけではありません。

ただ、問題がこじれることが無いよう、少しだけ伝え方には注意が必要です。頭ごなしに子どもの言葉だけを先生にぶつけるのでなく、親と学校とで、まずは事実関係を確認することが大事です。

また、ほとんどの子どもは、「先生に言わないで」と言います。特に、親の性格を誰よりも子どもは知っているので「話せば大事になる」と思うような親だとなおさら打ち明けにくくなります。ですから、子どもから話を聴くときも、親は冷静に事実だけを聴いていくようにしてください。もしかしたら、自分の子どもがいじめをしていると思われているケースもあります。

1 2次のページ
JIJICOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。