体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「危ない」に奪われる自由~認知症と環境調整~

あなたは一生のうち、どれだけの時間を「自由」に過ごせるのでしょうか?何を不自由と感じるのかによって、各々の「自由」はその姿も大きさも変化することでしょう。そしてルールや物理的な制限によっても自由は変化していきます。

幼いころは自由が危険を生む時期とされ、管理される対象として過ごします。そこから身体も心も成長し、身体能力は向上、行動範囲が広がり、思考力・判断力も向上していきます。そして養育者の管理から次第に自由になっていきます。

成長がある程度落ち着いた後、(高齢者とは言わないまでも)加齢に伴って体力の低下や様々な理由で身体的に「自由が効かない」状態になるでしょう。それが認知症者の場合、自身の身体的理由以外に「環境因子」によって自由が削られているケースが発生しています。

認知症という語感

その昔、認知症は「痴呆症(ちほうしょう)」と呼ばれていました。「痴れ者(しれもの)」「呆け(ぼけ)」といった漢字が使用された侮蔑的な表現ということもあり、痴呆症は認知症へと名称が変わります。「痴呆症」ほど衝撃的ではなくなりましたが、良くも悪くも「使いやすい言葉」になったという人もいます(もう少ししっくりくる言葉はないかなといつも考えていますが、なかなか良い言葉が浮かんできません)。

認知症サポーター養成講座等が整備され、当事者による発信も増加、メディアでもたびたび取り上げられるようになり、認知症という言葉は社会に浸透しつつありますが、まだまだ不十分な状態です。語としての使いやすさと認識の深まりが比例しない限り、誤解を以って社会に広がりやすくなりがちです。

現在でもまだ、「認知症=危険・制限・管理」といった感覚的な対応や環境調整が存在しています。これは、社会的な認識の浅さにも原因があると言えます。もちろん、介護や医療のプロフェッショナルが集まる臨床・現場と呼ばれる場所であれば、一般的な認識がそのまま当てはまるだけでいいとは言えません。

生活の中の「危ない」

ケアに携わる我々であれば、身体的なもの以外に認知機能を要因とする「危険」について考える必要が生じてきます。以下は介護場面(施設・在宅)でよく耳にする「○○だから危ない」のパターンです。それぞれに矢印をつけていますので「危ないからこう対応しよう」という例をできるだけ短絡的に考えてみてください。
(ex:外に出たら危ない→鍵をかけて行動を制限しよう)
外に出たら危ない→
落ちたら危ない→
食べたら危ない→
飲んだら危ない→
立ったら危ない→
転んだら危ない→
料理で包丁を使うのは危ない→
お風呂は溺れたら危ない→

行動制限や安全管理は何のためにするのか?ということですが、おそらく鍵をかけて外に出られないようにする等の行為は、「外に出て行方不明になったり交通事故に遭ったりしたら危ない」からだ、ということになるでしょう。しかし、ほとんどは「事故」を防止するためのものであって、危険というものを一面的にしか捉えていないのです。

「危険=事故」ではなく、「危険=なんらかのリスク」という考え方に基づいて生活を見た場合、鍵をかけることで防げる事故があると同時に他のリスクが発生します。生活者としての尊厳・自由が奪われ、身体機能や認知機能にも当然マイナスの影響が生まれるのです。

そこで優先順位は何か?という議論になります。ひと昔前ほどではないにしろ、何かが起こると、原因より「誰が責任をとるのか」ということばかりが論じられる風潮があり、本来の優先順位や本人の意思をないがしろにする要因にもなっています。

介護や医療に携わる人は、一歩間違えればとんでもない責任を負わなければならない状況に身を置いていて、その怖さがある以上「わかっていても鍵をかけざるをえない」というケースも多くなります。認知症関連ではありませんが、似たような事例を先日、数年前の教え子(保育士)から聴きました。

1 2次のページ
認知症ONLINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。