ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

今度はレモンティーが透明に!? 『サントリー天然水 プレミアムモーニングティー レモン』はしっかり紅茶味!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

透明なのにしっかりとした乳酸菌の味わいを感じられ、瞬く間に話題となった『ヨーグリーナ&サントリー天然水』の同シリーズに、新作『サントリー天然水 プレミアムモーニングティー レモン』が登場。今度は何と透明なレモンティー! ずっと手に持っていたくなるスタイリッシュな容器も特徴的だ。

透明シリーズ最新作は、飲むとレモンティーの風味が広がる不思議感覚!

サントリーより新発売された『サントリー天然水 プレミアムモーニングティー レモン』(550ml・希望小売価格 税抜131円・2017年4月25日発売)。近年注目をあつめている「フレーバーウォーター」と呼ばれる商品で、2015年4月に発売された『ヨーグリーナ』は、発売から約1年で累計販売数量1,000万ケースを突破するなど空前のヒットを記録した。

 

ちなみに、サントリーの天然水といえば「南アルプス」を思い浮かべる人も多いと思うが、現在はエリアごとに「南アルプス」のほか「奥大山」「阿蘇」の3種類の天然水を販売している。

 

手にもオフィスのデスクにもフィットするペットボトルデザイン

実際に『プレミアムモーニングティー レモン』のボトルを手に取ってみると、容器もラベルも薄く作られており、頼りなげにも感じるが、手触りも良く持ちやすいことに驚く。これは環境に配慮した容器作りを推進しており、キャップを開けることで空気が含まれ安定感が生まれる設計になっているとのこと。スリムながら550mlと基本的なペットボトル容器より多く内容量があるのもうれしい。

 

スタイリッシュなデザインなので、「スターバックス」のコーヒーのようにデスクに持ち込んでオシャレぶりも演出できそうだ。

レモンティーの爽やかな風味と、スッキリした後味に惚れた!

肝心の味を確かめてみる。従来のシリーズ同様に、透明でありながらしっかりとした甘味のレモンティーの味が口の中に広がっていく。レモンは有機レモン使用。記者はレモンティー特有の酸味と甘みが口の中に残ってしまう後味が少し苦手なのだが、天然水ベースの喉越しの良さで後味もさっぱりしており、気がついたら何度も口に運んでしまっていた。

 

飲み干すころにはスッキリとした目覚めが待っており、これは「PREMIUM MORNING」の名に恥じないレモンティー以上のレモンティーと呼べるかもしれない。

記者は「朝摘みオレンジ&サントリー天然水」(2014年4月発売)のころからフレーバーウォーターを愛飲してきたが、ジュースと水の中間の飲み物という認識でいた。しかしこの『プレミアムモーニングティー レモン』はその概念を覆してくれた。慌ただしい朝から豊かな朝へと彩る新たなライフスタイルを提唱してくれる、まったく新しい飲料水と呼べるだろう。

 

近いうちこの「朝ティー」がブームとなり、やがて日常に溶け込むのではないか。ぜひ実際に手に取っていただき、ボトルの手触りと爽やかな口当たりを確かめてみてほしい。

 

サントリー 天然水 プレミアムモーニングティーレモン 550ml×24本
サントリー 天然水 プレミアムモーニングティーレモン 550ml×24本

 

関連記事リンク(外部サイト)

こんなフルーティーなビールを国産で楽しめるなんて…!サントリー『ザ・プレミアム・モルツ 香るプレミアム』
『サントリー 南アルプスの天然水&贅沢ヨーグリーナ』は氷が溶けた時のカルピスのような爽やか味だった!
本日発売の新生『ザ・プレミアム・モルツ』を旧製品と飲み比べ! 華やかな香りと余韻の持続ぶりを、徹底検証
『ザ・プレミアム カルピス』はもはや濃厚ソースの域!濃厚&甘酸っぱさが抜群においしい!
『NIPPON PREMIUM 青森県産ふじりんごのチューハイ』新パッケージにPRキャラ「決め手くん」が登場!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
おためし新商品ナビの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。