ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

基礎体温を測るたびに一喜一憂してしまう私。測定をストレスにしないために

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
f:id:akasuguope01:20161031171607j:plain

基礎体温は女性が自分自身の体調などを知ることができる一つの指標だと思います。

婦人用体温計があれば自分でできるので、手軽な方法でもありますよね。

でも毎日起きてすぐに計測しなければいけないし、続けるのが大変です。

慣れないうちは上手く計測できなかったり、計測自体を忘れてしまったり。

私も妊娠を考える前に、自分の体調が知りたくて基礎体温を計測しようと思いました。

でも続かないのです。

一番多かったのが、起きてしばらくしてから計測してないことを思い出すことです。

基礎体温は起きてすぐの寝た状態で計測しなければいけないので、起きて動いてしまっている時点でその日の計測ができません。

そんな日が続き、途中から「毎月28~30日周期で生理もきているし、きっと私は健康だ!」と思いこみいつの間にか基礎体温の存在を忘れてました。

そして妊娠を考えるようになり、前に買った婦人用体温計を引っ張り出してきました。

まずは基礎体温を測って排卵日を特定しようと思ったんです。

今までキチンと測ったことがなかったので、最初の数ヶ月は基礎体温のグラフがガタガタでした。

無排卵かも?と思ったのですが、半年ほど経つと測定にも慣れてきたのか遠目で見れば低温期と高温期が分かれているグラフになってきました。

一般的には低温期の平均体温からさらにガクッと下がった日が排卵日で、翌日から高温期の体温に変化していくのが、理想的な排卵日近辺の体温変化かと思います。

私は低温期から高温期への変化がなだらかで徐々に変化していくタイプのようで、排卵日の特定が難しかったです。

排卵痛がある方もいらっしゃるみたいですが、そういう痛みも感じることはなく排卵日をはっきり特定できなくてモヤモヤしました。 関連記事:焦り始めた2人目妊活。生理予定日に近づくたびドキドキソワソワ落ち着かない私

後々、病院で卵胞の大きさを診てもらって排卵日を特定してもらったのですが、私が思っていた排卵日がずれていました。

私は排卵してから2、3日後に徐々に体温が上がっていくみたいで、低温期の11、12日目辺りが排卵日になり、その2日後ぐらいから徐々に体温が上がり高温期3日目で高温期の体温になっていました。

また、高温期も10日目を過ぎると妊娠初期症状が気になってきます。

そのまま生理になる時は高温期13日目ぐらいから下がり始め、下腹部にだるさを感じることが多かったです。

妊娠した時は高温期9日目にガクッと体温が下がりました。

今回は早めに生理が来るのかな?と思っていたら翌日から普段の高温期よりも高めの体温になってました。

そのまま14日過ぎても高温が続き、検査薬で調べたところ陽性を確認しました。

高温期の1週間から10日後ぐらいに一時的に体温が下がることをインプランテーションディップと呼ぶらしく、妊娠初期症状の一つのようです。

このように、低温期から高温期への変化する時期にはいつが排卵日かを見極めるために基礎体温表とにらめっこし、高温期後半は体温が下がりませんようにと祈りながら体温を測定していました。

基礎体温を測るたびに一喜一憂するため、測定がストレスになっていたのも事実です。

ストレスを感じると妊活にも多少なりとも影響がありそうですし、なるべくフランクな状態で測定を続けることが大切だなと思います。 関連記事:人生で初めてぶつかった「努力してもコントロールできない壁」。妊活が教えてくれたこと

f:id:akasuguope01:20161028173648j:plain

著者:いずみ

年齢:37

子どもの年齢:3か月

35歳から不妊治療を行い、1度の流産の後に36歳に妊娠・出産しました。

母になってまだ3ヶ月。日々分からないことや悩むこともたくさんありますが、新たな発見や喜びもたくさんあり、育児を楽しんでます。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

2人目が欲しい!急に焦り出した私はガタガタの基礎体温グラフにあ然とすることに…
赤ちゃんが来た!とわかったその瞬間。不思議でした。
早く妊娠したくて。

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。