体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

みんな大好き! 横浜ベビースターランドで【できたてベビースター】を食べる

f:id:uralatokyo:20170324150607j:plain

誰もが子どもの頃に大好きだったお菓子ってありますよね。

ベビースターラーメンなんかもそのひとつ。

ゆきちゃめゴンも大人になった今でもたまに無性に食べたくなることがあり、いつも家のお菓子置き場にストックしています。

実は横浜「ベビースターランド」というベビースター好きにはたまらないスポットがありまして、そこでは製造工程を見ることができたり、できたてのベビスターラーメンが食べられたりするというウワサ。

これはぜひ行ってみなくては! というわけで、今日は「ベビースターランド」にお邪魔します。

f:id:uralatokyo:20170324150932j:plain

▲場所はいつも大賑わいの横浜中華街の中心部。横浜博覧館の2階にあります。

ベビースターの製造工程が明らかに!

「ベビースターランド」はありがたいことに入場無料。しかもなんと、ベビースターラーメンの製造工程を見ることができるのです。

では早速行ってみましょう。

f:id:uralatokyo:20170324160036j:plain

(1)製麺

f:id:uralatokyo:20170324151934j:plain

製麺機を使って麺をその場で毎日使う分だけ作っています。

(2)麺を蒸す

f:id:uralatokyo:20170324152014j:plain

できあがった麺を蒸します。ぱっと見ごくふつうのラーメンの麺のように見えますね。

(3)味付け

f:id:uralatokyo:20170324152406j:plain

蒸した麺をソースに浸して味付けをします。揚げてから味を付けるのかな? と思っていたので意外でした。ベビースターラーメンにはいろんなフレイバーがありますが、ここでは一番ベーシックなフレイバーを採用しています。ただ、その場でできたてを食べる前提なので少しソースの配合を変えているのだそうです。さすが!

1 2 3 4次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。