体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

スバル インプレッサスポーツをクローズアップ【前編】

この車に乗るなら……という視点で人気車が持つ魅力に注目する本誌連載。今回はスバル インプレッサスポーツをクローズアップ!

▲昨年10月にデビューしたスバル インプレッサスポーツ。2016-2017 日本カー・オブ・ザ・イヤーでは1位に輝いた。今回登場するのは2.0 i-L アイサイト(グレード)

▲昨年10月にデビューしたスバル インプレッサスポーツ。2016-2017 日本カー・オブ・ザ・イヤーでは1位に輝いた。今回登場するのは2.0 i-L アイサイト(グレード)

アウトドアも買い物も、夫婦ともに満足できる1台

結婚して車を購入することになった。夫も妻も独身時代にそれぞれ車を持っていたが、結婚を機に1台にまとめることにした。現在は夫が乗っていたクーペを残して使っている。子供はいないが、いつできてもおかしくない。というか早く欲しい。2人ともアクティブで、休日には海へ山へと出かける。特に冬場は隔週くらいの頻度で共通の趣味であるスノーボードを楽しむ。それからまだ新居の家具や日用品が完全に揃ったとは言えないため、よくIKEAやニトリに出かけて買い物をするのだが、クーペだとリアシートを倒しても大きな荷物が載らず、苦労している……。

例えば、こういうスタートしたばかりの夫婦のツールとして、スバル インプレッサスポーツは最適だと思う。ミニバンやSUVが欲しくなるほど載せる人も荷物もまだないし、さりとて軽自動車やリッターカーでは雪山をはじめ、遠出する場合に心もとない。インプレッサが属するCセグメントの5ドアハッチバックは、ユーテリティ性に優れ、大きすぎず取り回しが良いので妻も安心して運転できる。そのうえで、水平対向エンジンを搭載した4WDというスペックは、夫の車好きの部分を刺激するだろう。

▲インプレッサスポーツは、スバルが「スバル・グローバル・プラットフォーム」と呼ぶ新開発の車台を使った第1号。高い剛性が確保されており、先代に比べ乗り心地が格段に向上した他、正確なハンドリングによって市街地でも運転が楽しいのが利点だ。真横から見るとホイールベースが長いのがわかる。これによってコンパクトなまま広い室内空間を実現した

▲インプレッサスポーツは、スバルが「スバル・グローバル・プラットフォーム」と呼ぶ新開発の車台を使った第1号。高い剛性が確保されており、先代に比べ乗り心地が格段に向上した他、正確なハンドリングによって市街地でも運転が楽しいのが利点だ。真横から見るとホイールベースが長いのがわかる。これによってコンパクトなまま広い室内空間を実現した

高い安全性能に快適な乗り味、実用性も◎な万能車

インレプッサスポーツを具体的に見てみよう。4WD、安全性能、乗り心地の3つがこの車の特徴だ。スバルは世界で初めて4WD乗用車を量産したメーカーで、以来連綿と4WD技術を進化させてきたため、悪路走破性や高速安定性には定評がある。安全性能は全車に最新の運転支援システム「アイサイトver.3」を装備。アイサイト搭載車は非搭載車に比べ、追突事故発生率が84%少ないというデータが出ている。また歩行者用エアバッグを全車に標準装備するなど、衝突安全対策も抜かりない。インプレッサスポーツはスバルの新しい車台「スバル・グローバル・プラットフォーム」を使って開発され、一般道や高速道路、それに雪道といったあらゆるシーンにおいて、上級モデルだが世代が古いレヴォーグやレガシィよりも快適な乗り心地を得ている。

加えて、実はリアシートを倒せば同クラスのミニバンやSUVに劣らぬ積載能力をもつ。インプレッサスポーツをひと言で表現するなら、”総合的なバランスに優れる万能車”ということになる。

1 2次のページ
日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会