ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

超速報!「HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル」シーズン2が、4月26日から見放題配信開始!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

松本5(c)2017 YD Creation
Amazonプライム・ビデオで、『HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル』シーズン2が、4月26日(水)から、見放題独占配信されるぞ!それにともない、4月某日、ザ・リッツ・カールトン東京(六本木)で、なんと松本人志の合同取材が開催されたので、行ってきた!!
松本6(c)2017 YD Creation
「ドキュメンタル」は、個性豊かな10人の芸人たちが、芸人のプライドを賭け、賞金1000万を競う “密室笑わせ合いサバイバル”。参加者10名、参加費1人100万円、制限時間6時間、同じ部屋に集まった参加者同士が、あの手この手で「笑わせ合う」のがこのゲームの基本ルール。笑ってしまい、レッドカードが出たら即退場。笑いを仕掛け、笑いに耐え、見事、この激しい攻防をくぐり抜け、最後まで残った1人が賞金1000万円を獲得する!

松本7 (c)2017 YD Creation
シーズン2の注目の参加者は、シーズン1に続いての参加となる宮川大輔、藤本敏史(FUJIWARA)、ジミー大西の3名と、初参戦となる日村勇紀(バナナマン)、児嶋一哉(アンジャッシュ)、小峠英二(バイきんぐ)、大島美幸(森三中)、津田篤宏(ダイアン)、吉村崇(平成ノブシコブシ)、斉藤慎二(ジャングルポケット)の7名。シーズン2も個性豊かな芸人が勢揃いし、本気の笑いのバトルを繰り広げる!予想を上回る進化した笑いの仕掛け合いは必見だ!!
松本4
合同取材での松本人志のコメントは、こちら!
――シーズン1での手ごたえと、まわりからの評判は?
「評判は良いとは聞いていたが、ルールの改正は必要かなとは思っていた。中盤にピークを迎えてしまうので、後半どういう風に最後、さらにエキサイティングにしていけるかなというのを、シーズン2ではルールを改正して上手くいったかなと思っている。」
――ポイント制を導入されたことですね。
「そうですね。やっぱり、ボクシングじゃないですけど、アグレッシブさというのもポイントにしていかないと、自分から仕掛けない、笑うこともなければ、笑わすこともしないという人が優勝では、さすがに盛り上がりに欠けるというところがあるので。」
松本8 (c)2017 YD Creation
――シーズン2の見どころは?
「どんどん尻上がりに良くなっている。最後あたりが一番のピークに持ってこれたと思う。」
――初参戦の参加者について。
「このメンツを見ると、自分たちで笑いを取りに行くというか、どんどん仕掛けていく、ディフェンスよりもオフェンスが得意な人間を10人、上手く選べた。あと、吉本にとらわれず、これからどんどん間口を広げていきたいと思う。」
松本1
――吉本以外でいうと、バイきんぐの小峠さん、バナナマン日村さん、アンジャッシュの児嶋さんがいますが。
「児嶋は、僕は別にどっちでも良かったんですけど、本人が変にやりたいと言うので、なくなく入れたんですけど。」
――逆にシーズン1から、宮川大輔さん、藤本さん(FUJIWARA)、ジミー大西さんがいますが。
「大輔とフジモンは、あまりにもまったく初めての人たちばかり10人だと、どうなのかな?というのがあって、経験者2人くらいいてくれた方がいいし、前回も非常にムードを上手く作ってくれたので、面白い展開が生まれやすいかなというところでしょうね。あと、ジミーは、ちょっと飛び道具というか、こういう人も1人いるかなと。たぶん早い段階でいなくなっていくと思うんですけどね。」
松本10 (c)2017 YD Creation
――オファーがあれば、シーズン3はやってみたいと思いますか?
「あんまり言い過ぎると、あれなんですけど。シーズン2の出来が本当に良かったので、シーズン3があればやってみたいとは思うが、シーズン2を超えることが相当難しいぞというか、ちょっとそこが悩ましいとこですね。」
――松本さん自身が「ドキュメンタル」に参加することはありますか?
「僕はしたかったんですよ。でも、なんでしょうね。まわりが止めるんですよ。どういう意味があって止めてるのかは分からないですけどね。でも、いつかはやってみたいし、もっと言えば、シーズン10までいけばチャンピオン大会みたいなこともできたら面白いとも思いますし、そういう意味では、僕もどこかで参加したいんですけど。まぁでも、そうなると確かに僕だけ芸歴が上がってしまうので、あっ、でもジミーがいますがあんな奴、芸歴があってないようなものなので、ギュッとしたら2か月くらいになるんで(笑)。ある程度の芸歴の人間が10人集まってシニア会みたいなものがあれば、ぜひやってみたいですね。」
松本2
――シーズン1でインタビューした時は、ジミーさんと戦いたくないと言っていたが。
「確かに、ジミーあたりは、やっぱり厳しいですね。予測不可能なとこもありますし、かなり強敵だとは思いますね。でも、ジミーは『僕は絶対笑わない。笑わすことは得意だけど、絶対、誰が何をしても笑わない』と言っていたんですけど、めちゃめちゃゲラだったので、上手くハマればすぐ退場になるのではないかなと思うんですけどね。」
――前作も今作も、すべて芸人さんが出演者として名を連ねていますが、今後タレントさんも含めて出てほしい人は?
「シーズン1、シーズン2を見て、理解してもらえれば、芸人に限らず、女優さんとかミュージシャンの人とか出てくるのは面白いかもしれないですね。『T.M.Revolution』とか、風を浴びといたら笑うんじゃないかと思いますね。」
松本9 (c)2017 YD Creation

(written by けいぼう)

【Nicheee!編集部のイチオシ】

【どっちのミカタ?】ピースの綾部はアメリカで成功する?8割が○○と回答!
台本の有無や噺家の座り位置・・・知られざる『笑点』裏話!
超ド級のSだと思う男性芸能人は?

カテゴリー : エンタメ タグ :
Nicheee!(ニッチー!)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。