体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

D、バンド史上初フリーライブにてシングル「Dark fairy tale」のリリースを発表

結成14周年を迎えたDが、バンド史上初となるフリーライブを4月23日(日) Zepp Tokyoにて開催した。
D (okmusic UP's)
2015年9月リリースの「HAPPY UNBITHDAY」から始まり、シングル「MASTER KEY」、そして2016年10月リリースのアルバム『Wonderland Savior』の3作品に渡り“アリスの世界”を描いてきたDが、2017年に放つ新コンセプトは“妖精王の物語”。アーティスト写真を公開するやいなや、大きな反響を呼んだ美しすぎる“妖精”ビジュアルと、待望の新曲「Dark fairy tale」がこの日のライブで初披露になるということで、新たな物語への期待に胸を膨らませたファン約2,000人がZepp Tokyoに集結した。

ライブはこの日初公開となる新曲「Dark fairy tale」のMVから華やかにスタート。お伽話のような幻想的で美しい映像、そして切なく悲しいストーリー展開に観客は息を飲み、Dが魅せる新たな物語の世界に一気に引き込まれていく。

幕が開き、メンバーが登場するやいなや、会場からは大きな歓声とため息が漏れた。黒×紫の美しい衣装に身を包んだメンバーはまさに妖精そのものだ。

煌びやかな妖精たちは、序盤から“攻め”の姿勢で、瞬く間に観客の心に火を付ける。「7th Rose」「闇の国のアリス」「Night-ship “D”」など、会場と激しく一体となる楽曲が続き、会場の熱気は最高潮に達した。

そして、この日は14周年を記念するライブということで、メンバー各々がDとして初めて作曲した曲を次々に披露。これまでバンドを支え続けてきてくれたファンと共に重ねてきた記憶・景色を振り返った。この世界にDが残してきた楽曲の1曲1曲が全く色褪せることなく、その歌声・音色は、進化を続けるDというバンドに相応しい輝きを纏い、新たな光を放っていた。

本編ラストの曲は、この日初披露となる新曲「Dark fairy tale」。妖精の世界の煌めきと、妖精王の美しくも悲しいストーリーが見事に表現された楽曲は、Dが描く物語の無限の広がりと奥深さを十分に感じさせるものだった。まさに、15年目に向かう新章の幕開けに相応しい楽曲と言えよう。

アンコールは、14年間支えてくれたファンへの感謝、そして会場に集まってくれた多くのファンと今この時を迎えることができたことへの感謝の気持ちを込めて、「EDEN」そして「Dearest you」「春の宴」などが演奏された。大きな愛が溢れ、会場は暖かな優しさに包まれていた。

『この先も夢を見させてやるからな!』というASAGIの強い言葉通り、新しい夢の世界の扉を開け、その先へ向かう力強い一歩を感じさせるライブとなった。

そして、この日ニューシングル「Dark fairy tale」のリリースが6月28日であることも発表。限定盤A-TYPEは「Dark fairy tale」のMVとメイキング映像が収録されたDVD付。そして限定盤B-TYPEは、美麗なアートワークが存分に楽しめるブックレットが付属となる。また、限定盤D-TYPEに封入されるジャケットサイズステッカーにはある特殊な仕掛けが! なんと、そのステッカーにARアプリをかざすと妖精メンバーが出現する“妖精降臨仕様”となっている。妖精の世界が存分に楽しめるシングルとなる予定だ。

さらに新宿BLAZEでのニューシングル発売記念ワンマン、ニューシングルを引っ提げての夏ツアーも発表となった。7月21日(金)仙台CLUB JUNK BOXからスタートし、ツアーファイナルは8月29日(火)に赤坂BLITZで開催される。発売記念ワンマン、そしてツアーを通して、妖精王の物語がどのように紡がれていくのか、Dが描く壮大な世界観をぜひライブで体感してほしい。

シングル「Dark fairy tale」
2017年6月28日(水)発売

【限定盤A-TYPE】(CD+DVD)

VBZJ-46/¥1,800+税

<収録曲>

■CD

「Dark fairy tale」

他、全4曲収録予定

■DVD

1. 「Dark fairy tale」 Music Video

2. 「Dark fairy tale」 Music Video Making

【限定盤B-TYPE】(CD+豪華ブックレット)

VBZJ-47/¥1,800+税

<収録曲>

1 2次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。