体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ながら食べ、ながら見は危険!マルチタスクによる身体への悪影響3つ

ながら食べ、ながら見は危険!マルチタスクによる身体への悪影響3つ
いろんな事を同時にこなす、とても器用な人がいますよね。でも、作業効率などを考えたときに、 果たしてどれほどの効果があるのでしょうか?また、体への影響や健康リスクは?

今回は医師の視点から、マルチタスクにおける体への影響について、改善方法も含め、詳しく解説していただきました。

マルチタスクとは?

ながら食べ、ながら見は危険!マルチタスクによる身体への悪影響3つ
元々はコンピューター用語で、1つのコンピューターに複数の作業を並行して行わせることを指します。

転じて「テレビとスマホを見ながら食事する」「携帯電話で会話しながら車を運転する」または「仕事のプロジェクトを複数抱えて同時進行する」というような意味に使用されることもあります。

マルチタスクが増えた背景

ながら食べ、ながら見は危険!マルチタスクによる身体への悪影響3つ
スマートフォンの普及により、いつでも情報に接することができてしまうことや、仕事で要求される内容が増えて同時に複数のことをせざるを得ないことなどが背景にあると考えられます。

マルチタスクは「コルチゾール」が増える?

ながら食べ、ながら見は危険!マルチタスクによる身体への悪影響3つ
マルチタスクに限らず、ストレスになるようなことがあると、副腎という腎臓の上にある小さな臓器から、コルチゾールというホルモンが放出されます。

コルチゾールはステロイドの1種で、血圧や血糖値を上げることでストレスに対応しやすい状態に体を整えます。

マルチタスクが心身に与える悪影響

ながら食べ、ながら見は危険!マルチタスクによる身体への悪影響3つ

生活習慣病

コルチゾールは生存に必須のホルモンですが、長期間コルチゾールが多い状態が続くと、糖尿病や高血圧になりやすくなります。

ストレスが生活習慣病や動脈硬化を引き起こす理由の一つが、このコルチゾールの増加です。

脳の老化

コルチゾールが高いことにより脳にも影響が起こりうると言われており、記憶や学習をつかさどる海馬(かいば)の萎縮、脳細胞の減少から、脳の老化や認知機能低下が起こることがあります。

無気力、不安感

ストレスが長期化すると、副腎が疲れ切ってしまい、コルチゾールの分泌量が減ります。

コルチゾールが減ることによって、全身のだるさや無気力、不安感につながる可能性もあります。

マルチタスクは男女で違いはある?

ながら食べ、ながら見は危険!マルチタスクによる身体への悪影響3つ
古代から、女性は集団で子育てをし、おしゃべりをしながら子供の要求に答え、同時に料理や作物の収集をするなど、マルチタスクを行ってきましたが、男性は、集中して狩りをし、その間は他のことに気を取られないほうが有利でした。

現在でも、男性は仕事中に他のことが目に入らなくなるから、女性からメールが来ても答えられないのは男女の脳の違いで仕方がない、などと言われます。

マルチタスクに関する研究

研究によると、女性のマルチタスク能力は月経周期とともに変動し、月経前後よりも排卵期には並行処理をこなすことが不得意になると報告されています。

1 2次のページ
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会