体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

日本酒初心者大歓迎! 京の地酒36種が時間制限なしで飲み放題!「KYOTO SAKE GARDEN」【京都】

でもそんな一皿入魂のおでんがうまいんだ、また。

京都らしく白味噌と酒粕を使ったおでんは、約10種で1個 100円均一。

f:id:mesitsu_la:20170410205132p:plain

大根、ちくわ、こんにゃく、卵。

いい感じに出汁がしゅんで(染みて)、ふわり白味噌と酒粕が香ります。優しいおでんだ~。

f:id:mesitsu_la:20170410205158p:plain

缶詰は200円均一。

f:id:mesitsu_la:20170410205259p:plain

そのままではなく、ちゃんと器に移して温めてくれるのがうれしい。

さば梅煮缶には好みで山椒や七味、一味をかけて。

そのほかのアテは、ほんとに、持ち込み自由!

酒飲み好みのアテをいろいろそろえるのは大変やから、食べたいもんは持って来てくれはったらいいんです

近くにはセミ高級スーパーのM治屋やベーカリー、和・洋菓子店、牛丼屋さんに餃子チェーンなどがそろっているため“仕入先”には事欠きません。

少し歩けば百貨店もあるのでちょいと張り込んでデパ地下グルメも調達可能です。

大抵は、M治屋でチーズや珍味を仕入れてくるそうですが、中には手作り酒肴弁当や、花見仕様の折り詰めを持参する猛者も。イーネ! 友達になりたいわ。

せっかくなので私めもM治屋でちょいと買い物をしてきました。

f:id:mesitsu_la:20170410205338p:plain

脈絡のないこのアテに合うお酒、選んでもらっていいですか?

そんな無茶ぶりに最初は「そんなん言われたん初めてや」と戸惑い気味だったryuさんですが、結果、ノリノリで選んでくださいました。

f:id:mesitsu_la:20170410205406p:plain

「チーかま」×「玉川 山廃 無濾過生原酒」(木下酒造)

「この玉川はアルコール度数が22度ととてもどっしりしたお酒なので、チーズのこっくりした感じに負けないはず。山廃ならではの酸味もちょうどいいのでは」

f:id:mesitsu_la:20170410205425p:plain

「寄せ豆腐」×「神聖 純米」(山本本家)

「昔ながらの日本酒、親父が晩酌で飲んでたような趣のこのお酒なら、寄せ豆腐の甘みにもすんなり同調しそう」

f:id:mesitsu_la:20170410205455p:plain

「生八つ橋」×「英勲 辛口」(齋藤酒造)

「辛口だけど芯にはお米の甘みがあるので、菓子の甘さに通じるかと。あ、でもこの八つ橋はニッキ味だからちょっと負けるかな……」

f:id:mesitsu_la:20170410205543p:plain

「塩プレッツェル」×「白木久」(白杉酒造)

「塩気がぱきっとしていて食感のあるプレッツェルには、丹後のコシヒカリ100%で造ったまろやかな味わいのお酒を合わせたい。尖ったもの同士だとけんかしそうだけどこれなら相性いいんじゃないかな」

※塩プレッツェルは家にあったものを持って来ました。余談ですが石垣島の土産としておすすめです。

f:id:mesitsu_la:20170410205611p:plain

「イチゴ」×「蒼空 おりがらみ」(藤岡酒造)

「微発泡だからシャンパンのイメージで。フルーツとシャンパンは合いますもんね。米ならではのほのかな甘さがあるのも、甘酸っぱいイチゴにぴったり」

いやー、面白い。

最後は岸さんも交えて3人であれやこれや組み合わせを試してみましたが、「アリや」「ナシや」とわいわいやるのもいと楽し。個人的にはイチゴと蒼空が好みでした。

このお店の遊び方のひとつとして、ご提案申し上げます。

(こんな風にお酒選びをお願いするなら、忙しいタイミングを避けてくださいね)

お客さんが“発見”してくれるのが何よりの喜び」というryuさん。

こんなお酒が京都で造られてたんや

私好みのお酒って純米酒やったんや

など、どんなことでもいいから、お酒について何かを“発見”してくれたら、とのこと。

そのために、どうぞ心おきなく飲み比べをしてくださいね」(ニッコリ)

f:id:mesitsu_la:20170410205706p:plain

こんなになるまで飲んでも……いいの?

お店情報

KYOTO SAKE GARDEN

住所:京都府京都市中京区河原町通三条上ル恵比須町442-1 ル・ジゼームビルB1

電話番号:075-254-7678

営業時間:18:00~22:00(LO)

定休日:不定休

Facebook:KYOTO SAKE GARDEN

※本記事の2017年4月の情報です。

※金額はすべて消費税込です。

書いた人:泡☆盛子

泡☆盛子

ライター。沖縄出身、京都在住。京都の水というか食がカラダに合い、45kg肥えたのが自慢。立ち呑みと、おかずケース食堂での昼酒が好き。

過去記事も読む

関連記事リンク(外部サイト)

2人前超のメガ盛りメニューが300種! 大食いマニアの聖地「ごはんや元気」【京都】
和菓子をスルーしてきた甘党放送作家が、トロっとろすぎる本わらび餠を取り寄せてみた
【焼き鳥のお店まとめ】鳥は串に刺さなくても美味しいけど、串刺しにするともっと美味しい!

前のページ 1 2 3
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。