ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

2017年1〜3月におけるBluetooth対応ヘッドホンの販売本数は前年比27%増〜GfKジャパン調べ

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
2017年1〜3月におけるBluetooth対応ヘッドホンの販売本数は前年比27%増〜GfKジャパン調べ

GfKジャパンは4月24日、2017年1〜3月におけるBluetooth対応ヘッドホン・ヘッドセットの販売動向を発表した。

家電量販店、総合量販店、インターネット販売でのヘッドホン・ヘッドセット市場において、Bluetooth対応製品の存在感が増している。iPhone7ではイヤホンジャックが廃止されたが、同製品の発売月(2016年9月)以降、Bluetooth対応ヘッドホン・ヘッドセットの販売は急伸。2016年第4四半期(10〜12月)では数量前年比32%増、2017年第1四半期(1〜3月)では同27%増となった。iPhone7の発売に合わせて各社が新製品を投入したことも追い風となった。

Bluetooth対応製品の平均価格は上昇基調にあり、2017年第1四半期では7,700円と前年同期を27%上回った。形状別にみると、数量ベースで市場の9割弱を占めるイヤホンタイプは32%上昇の5,700円、オーバーヘッドタイプは16%上昇の21,900円となった。イヤホンタイプは海外ブランドの新製品やスポーツ対応を訴求した製品が伸長したことで平均価格が上昇した。オーバーヘッドタイプではノイズキャンセル機能を搭載した3万円台の高付加価値製品が販売を伸ばして価格上昇に寄与した。

2017年第1四半期のヘッドホン・ヘッドセット販売におけるBluetooth対応製品の構成比をみると、数量ベースでは前年同期から5%ポイント拡大し18%、金額ベースでは15%ポイント拡大し37%に達した。

Bluetooth対応製品の中でもここ最近で注目されているのが、左右のハウジングが完全に分離した完全ワイヤレスタイプだ。2015年末に国内での発売が始まった同タイプは、ラインナップが拡充し、2017年3月末時点での販売モデル数は10モデルを超えた。完全ワイヤレスタイプの平均価格は発売当初では3万円前後であったが、16年下半期に2万円を下回る製品が登場したこともあり2017年第1四半期では18,100円となった。

完全ワイヤレスタイプはケーブルから完全に解放される利便性と革新性が支持されており、Bluetooth対応製品に占める金額構成比は、1年前には1%に満たなかったが、2017年1〜3月には8%へ拡大した。今後も新製品の登場が予測されており、2017年のBluetooth対応ヘッドホン・ヘッドセットの市場拡大に寄与すると見込まれる。

関連リンク

GfKジャパン

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。