体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

4月は中古車をお得に買いたい人にとって、またとないチャンスって知ってました!?

▲新生活が始まる4月は中古車を買う絶好のタイミング。ゴールデンウイークは新しい車で遊びたい! という人は早めに買う車を探しましょう

▲新生活が始まる4月は中古車を買う絶好のタイミング。ゴールデンウイークは新しい車で遊びたい! という人は早めに買う車を探しましょう

なぜ4月が中古車を買うベストタイミングなのか?

春が訪れ、新生活が始まる4月。年度末の慌ただしさを乗り切りホッとしている人も多いかと思います。

「忙しさもひと段落したし、そろそろ前から考えていた車の買い替えに本気で取り組もう」

「新生活がスタートしてみたら、やっぱり車が必要だ」

そう考えてカーセンサーを見ている人もいるはず。 実は4月は中古車をお得な条件で買えるチャンスがたくさんある月なんです。

中古車は距離や年式、色、その他、車両状態など同じ車が2つとないため、欲しいと思ったものを買うのがベスト。そのため「今は損……」というタイミングはないと言ってもいいでしょう。ただ、他の月に比べると値段が下がる傾向にあるお得なタイミングは存在します。それが流通量が多くて、お客さんが他の月より少ないタイミングです。4月はまさにこれらが重なる時期なのです。その理由を解き明かしていきましょう。

4月がお得な理由1「繁忙期が終わり客足がひと段落する」

日本では4月~翌年3月までを“年度”という形で区分しています。そのため、3月末を決算時期にしている会社が多数あります。販売店は決算セールを開催し、またお客さんも年度内に大きな出費を済ませようと2月ごろから車の購入を検討します。そのため、新車/中古車ともに2月~3月が最も売れる時期になります。

新車が2月~3月に一番売れるということは、この時期に車検時期を迎える車が多数あるということ。車検は車の買い替えを考える最も大きな要因です。そのため2月~3月に車の買い替えを考える人はさらに増えます。さらに4月から新生活が始まるため、その準備で3月中に車を手に入れようという人もいます。

多くの人が3月中に車を買い替えるため、逆に4月は買い替えを考える人が減り、中古車相場が下がりやすくなるのです。

4月がお得な理由2「中古車流通量が急増する」

中古車販売店は2月~3月の最需要期に備えて早めに販売車両を用意するため1月~2月上旬は全体的に中古車流通量が多くなります。3月にはそれらがどんどん売れていくため流通量が少なめになります。

しかし3月中に車を買い替える人が多いということは、4月にその人たちが手放した“下取り車”“買い取り車”が中古車として流通し始めます。再び中古車流通量が増えることで需要と供給のバランスが崩れ、中古車相場が下がりやすくなります。

4月がお得な理由3「登録済み未使用車やデモカーアップの低走行中古車が増える」

高年式で走行距離数10kmなのに新車より安い価格で市場に出てくる登録済み未使用車。登録済み未使用車が生まれるのには様々な理由がありますが、多く発生する時期のひとつが4月です。

2017年式(平成29年式)の登録済み未使用車が増えると、それより前の年式のものは車検残期間が短くなるなどの理由から2017年式のものより安くないとメリットがありません。そのため2016年式の中古車相場が下がってくるのです。

人気モデル、法人登録の多いモデル、軽自動車が狙い目!

では4月にはどんな車が買いやすくなるのでしょうか。3月の決算で買い替えが進むのは法人需要の多いモデルと商用モデルです。また3月に車検を迎えるのは、新車がたくさん売れているモデルほど数が多くなります。そして登録済み未使用車がたくさんあるのは軽自動車やコンパクトカーですが、ミニバンや輸入車などでも見つかります。

相場はいろいろな要素が複合して変動するものなので、一概にこれだけが理由でということを言及することは難しいものです。しかし、何年も中古車相場を見てきた筆者が、今まで挙げたお得な理由を踏まえ、この時期、お得に買える中古車の代表モデルを紹介しましょう。

まずは、人気モデルのため相場が下がっているものの中からピックアップした2車種紹介します。

トヨタ アルファード(2代目)

車両本体価格:120万~400万円

流通量:約1500台

▲現行型アルファードはまだ車両本体価格300万円以上します。2代目は車両本体価格150万円未満の中古車も増えてきました!
1 2 3次のページ
日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。