ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

【独占記事】マーゴット・ロビー、映画『Mary Queen of Scots(原題)』でエリザベス1世を演じる交渉中

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫


マーゴット・ロビーは、フォーカス・フィーチャーズとワーキング・タイトル・フィルムズによる映画『Mary Queen of Scots(原題)』に出演交渉中だ。シアーシャ・ローナンの相手役として、エリザベス1世を演じる。

ジョージー・ルークが監督し、ワーキング・タイトル・フィルムズのティム・ビーヴァン、エリック・フェルナー、デボラ・ヘイワードがプロデュースする。

ドラマ『ハウス・オブ・カード 野望の階段』シリーズのクリエイターであるボー・ウィリモンが脚本を執筆する。原作は、オーストラリア出身の歴史家ジョン・ガイの著書『The True Life of Mary Stuart(原題)』。現時点では、まだ正式なゴーサインが出ていないプロジェクトだが、関係者によると話は良い方向へ進んでいるという。ゴーサインが出た場合、2017年の後半ごろに製作が動き出す見込みだ。ローナンは主役のメアリー女王を演じる。

映画『スーサイド・スクワッド』や映画『ウルフ・オブ・ウォールストリート』のような大ヒット作品に続き、『Mary Queen of Scots(原題)』は、オーストラリア出身のロビーのポートフォリオに新たな名声を加える作品となるだろう。また、アカデミー賞のキャンペーンを推進するフォーカス・フィーチャーズの実績を考慮すると、賞レースの時期に公開される可能性がある。

26歳のロビーは、現在、フォックス・サーチライト・ピクチャーズによる映画『Goodbye Christopher Robin(原題)』に出演している。同作でロビーは、児童小説『くまのプーさん』の著者A・A・ミルンの妻を演じている。また、ロビーは最近、映画『I, Tonya(原題)』の撮影を終えたばかりだ。同作でロビーは主役のトーニャ・ハーディングを演じ、また自身が率いる製作会社ラッキーチャップ・エンターテインメントを通じてプロデュースも手がけている。

ロビーはマネージメント360、CAA、アラン・マイケル・マネージメント、ジェフ・バーンスタイン弁護士を代理人としている。

カテゴリー : エンタメ タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。