体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

みんな難しく考えすぎ。まずは、やってみることです――絵本・童話作家・きむらゆういち氏の仕事論

f:id:junko_one:20170418171536j:plain

プロフィール

東京都生まれ。多摩美術大学卒業後、造形教室の指導、テレビ番組のアイディアブレーンを経て、絵本・童話作家になる。1994年に刊行された『あらしのよるに』(シリーズ名:木村裕一・講談社刊)は累計350万部。その作品で講談社出版文化絵本賞、産経児童出版文化賞JR賞を受賞した。そのほか累計1200万部を超える『あかちゃんのあそびえほん』(偕成社刊)シリーズなど、600冊の著者がある。

f:id:junko_one:20170419121137j:plain

『あかちゃんのあそびえほん』は累計1200部、

『あらしのよるに』は累計350万部と

ベストセラーを出してきたきむら氏。

どうやってヒットメーカーとなったのか。

「自分には生きている意味があるのか」と思っていた

もともと絵本作家になろうとは思っていなかったんです。ここまでたどり着くまでに様々な選択があって、その都度どっちに行くか、悩みながら進んできました。今、振り返ってみると、選んだ道は全部つながっていて、一本道なんですけどね。偶然、選んだものが重なり合って、あたかも必然だったように道が作られていく。歴史というのはそういうものですよね。

転機となった出来事はいくつかあります。最初は高校生の時。それまでの僕は引っ込み思案で消極的で、なるべく人前に出ないようにしていました。授業でも、先生からさされないように気配を消していて。自信がなくて、「自分は生きている意味があるのか」と思っていました。コンプレックスの塊だったんです。

そんな僕が高校の美術部の部長になった。実は、僕は昔から絵を描くのが好きだったけど、僕の高校には美術部がなかったんです。それで僕とその友達、つまり気の弱い3人組で「美術部でも作ろうか」という話になった。でも、部を作るには、部長の欄に名前を書かなきゃならない。譲り合った結果、絵画学校に通ったことがあるという理由で、僕が部長をやることになりました。

部長になると、人前で話さなくてはなりません。全校生徒の前で美術部の紹介をしたりもするわけです。最初は自信がなくて、「先生が〇〇だと言ってたよ…」と伝言の形でしか言いたいことを伝えられなかった。でもやっていくうちに自分の言葉で話せるようになっていきました。経験を積むと人は変わっていくんですね。

文化祭でも積極的に絵を発表するようになって、そのうちに先生からも「図書館が寂しいから、絵を飾ってみないか」と言われるようにもなりました。その絵を見て「いい絵だったな」とほめてくれる先生もいて、ますます自信がついてきた。自分の言葉で話せるようになったからか、今度は小説を書きたくなって、数人の友達を集めて同人誌を作るようにもなりました。

引っ込み思案で自信がなかった僕が、部長になったことで、180度、変わっていきました。「自分にもできることがある」と、そう思うようになっていったんです。

好きなことで食べるため、高校生で始めたレンタルアート業

自分にできることは分かった。次に僕が抱えた悩みは、「どうしたら好きなことで食べていけるか」です。高校生でそんなことを考えるなんて珍しいかもしれないけど、それには僕の家庭環境が影響しているのでしょう。僕は10歳のころに父親を亡くしていたし、母親から「あんただけが頼りよ」と毎晩のように言われた時期もあった。だから、「好きなこと」で食べていくだけでなく、「安定」した生活も必要だったんです。

好きなことで食べていくにはどうしたらいいか。考えた末、高校生の僕はレンタルアート業を始めました。喫茶店に自分たちが描いた絵を持って行って、有料で置いてもらうんです。都内の喫茶店をいろいろ回ったのですが、結局、お金を出して絵を置いてくれたのは2軒だけ。なかには「お金は出せないけど、コーヒーは無料にしてあげる」なんて言ってくれた人もいたけど、商売にはならなかった。それからはずっと「好きなことで食べていくにはどうすればいいか」、こればっかり考えて、いろんなことに手を出してきたんですよ。

フリーで働くときのために、期限付きで会社に勤めた

1 2 3次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。