ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

ルイ・ヴィトン エピの買取価格情報

  • ガジェット通信 GetNewsを≫

ルイヴィトンのエピ・ラインの基礎知識

null出典:barbie_in_nyc

人気ブランドの中でダントツの人気を誇るルイヴィトンついて

バッグなど皮革製品の高級ブランドはヨーロッパを中心に100年以上の歴史がある名門ブランドが現在も激しい販売競争を繰り広げています。アパレル関係などのファッションアイテムとは異なり、皮革製品はファッション性以前に製品自体の品質の確かさが要求されることから、新規ブランドが容易に参入できる分野ではありません。したがって高品質で定評のある老舗ブランドに人気が集中する傾向があるといってよいでしょう。そして数ある人気ブランドの中でもダントツの人気を維持し続けているのがフランスの名門「ルイヴィトン」なのです。そこで今回はルイヴィトンを象徴するスタイルともいわれる「エピ・ライン」のアイテムについて、その商品群の買取価格情報を紹介しましょう。

エピ・ラインの由来と特徴

由来

ルイ・ヴィトン エピの買取価格情報

革製品には加工の過程で製品の形を安定させる「型押し」という工程があり、その形式にはいくつかの種類があります。ルイヴィトンは1920年代に細かい直線がシャープに並んだ型押しのパターンを考案し、この型に「エピ」と名付けました。「エピ」とはフランス語で「麦の穂」を意味しており、その凹凸形状が風に揺れる麦の穂に見えることがネーミングの由来とされています。

特徴

ルイ・ヴィトン エピの買取価格情報

エピ・ラインにはシワになりにくく型くずれが起きにくいという利点の他に、革製品の大敵である水に強く耐久性にも優れているというメリットがあります。また同時に革の特徴を活かしながら製品のデザイン性を高める外観の美しさがあることから、性別・年代を問わず多くのユーザーを惹きつける魅力にあふれた型押しパターンといってよいでしょう。また、革バッグは皮革製品の中でも特に保管には注意を払う必要がありますが、エピタイプは表面にいくつもの凹凸があり、そこに誇りが付着しやすい傾向があるので、買取に出す際には丁寧に汚れを拭きとっておきましょう。

ルイヴィトンのエピ・ラインのモデルと買取相場

エピ柄バッグ「アルマBBシアン」

ルイ・ヴィトン エピの買取価格情報

主にアラサー世代(30代)のキャリアウーマン層に絶大な人気を誇っているヴィトンブランドのバッグシリーズの中でも、スタイリッシュに決まるエピ柄の「アルマBBシアン」が人気を呼んでいます。お洒落でデザイン性も高くしかも実用性に富んだバッグとして人気のアロマBBを数種類そろえるユーザーも多く、中古市場においてもかなりの人気アイテムとなっており、エピ柄の細いラインの美しさが見事に製品として結実された名品といってもよいでしょう。シックな色合いでイチオシ人気のブルー系エピ「M40853」なら買取価格の相場は12万円前後となっており、この高値相場は当分続くと思われます。

エピ柄バッグ「アルマBBカーマイン」

ルイ・ヴィトン エピの買取価格情報

人気のアルマBBではアラサーに人気の落ち着きのあるシアンに対し、特に20代の女性層を中心に大ヒットシリーズとなったアイテムが、エピ柄バッグの「アルマBBカーマイン」です。特に「赤エピ」の愛称で親しまれている真紅の「M40850」なら高額買取が期待できます。現在の中古市場では小型バッグでは異例の高値で取引されており、状態がAクラスならば約13万円前後の買取額が相場と小さめの高級ブランドバッグは他のブランドでも流行していることから、今後もさらに高値が続くといわれており、赤エピの新品を持っている人はこの1年以内がウリドキといってよいかもしれません。

エピ柄バッグ「ネヴァーフルMM」

ルイ・ヴィトン エピの買取価格情報

エピ・ラインのバッグの中でも、フォーマルでもカジュアルでもOKの上、サイドストラップを絞ることで優雅なシティバッグに変身することで多くのユーザーを魅了して、安定した人気を維持し続けているのが「ネヴァーフルMM」(M40932/M40957ノワール)です。さらに、トートバッグとしても使える実用性の高いバッグとしても知られており、中古市場でも取引頻度の高いヴィトンエピ柄バッグとして有名です。現在の買取価格は最上良品で16万円前後となっており、これは新品価格の約70%なので、ファッションバッグとしては最高レベルの査定がなされているといえるでしょう。現在使用中の人は、できる限り保管に注意して傷などが入らぬようにしておきたいものです。

エピ柄バッグ「サンジャック」

ルイ・ヴィトン エピの買取価格情報

年代を問わず、外出時に気軽に持ち運べ、価格も比較的安価なアイテムとして人気のエピ柄バッグが「サンジャック」です。開口部が広く底部が狭い逆台形の独特の形状が特徴で、バッグへの品物の出し入れがしやすくお洒落な雰囲気で持ち運べる手軽さが人気の要因となっているようです。通勤時に利用するOLさんも多く、都会派のキャリアウーマンには最適のアイテムとなっています。中古市場でも多く流通していることから、買取価格は他のヴィトンバッグに比べてやや低めですが、多少痛みがあっても取引価格がそれほど低くならない点が魅力といえます。中古市場では、新品の販売価格約134,000円に対し買取価格の相場が約30,000円前後となっているので、ある程度使用して飽きてしまったら早めに買取査定に出してみるのも悪くはないでしょう。

エピ柄長財布「ジッピー・ウォレット」

ルイ・ヴィトン エピの買取価格情報

コンパクトな形状ながら収納性に優れたヴィトンブランドのイチオシなのがエピ柄財布の「ジッピー・ウォレット」です。紙幣や硬貨はもちろんカード類や油とり紙・メモ用紙・小切手などなどをかさばることなくスッキリまとめて持ち歩ける優れた収納性と優雅で美しいフォルムが人気のアイテムです。用途が広いサイズ190mm×100mmの「M60072」は新品の実売価格が約95,000円ですが、中古市場での買取価格は良品がおおよそ80%の75,000円前後が相場となっています。1~2年おきに買取査定に出して新作と買い換えるユーザーが多いのもうなずけます。

エピ柄長財布「ポルトフォイユ・サラ」

ルイ・ヴィトン エピの買取価格情報

メンズ、レディス兼用のヴィトン製エピ柄長財布として安定した人気を保ち続けているアイテムが「ポルトフォイユ・サラ」の「M63742」です。服装を選ばない引き締まったブラックカラーがエピのシャープなラインを一層引き立たせています。男性は上着の胸ポケットから、女性はバッグの中からさりげなく取り出して独特の雰囲気を醸し出すことができる、まさにヴィトンならではの高級ウォレットと呼ぶにふさわしい逸品です。正規品の実売価格は約85,000円ほどですが、中古市場での人気も高く、買取価格は新品あるいは新品同様品で約60,000円~70,000円前後の高値が相場となっています。また、比較的状態の良好なAクラスの中古品でも約40,000円前後の査定額という人気ぶりです。

エピ柄二つ折り財布「ポルトフォイユ・マルコ」

ルイ・ヴィトン エピの買取価格情報

ヴィトンのエピ柄財布では二つ折りタイプの「ポルトフォイユ・マルコ」の「M63652」も見逃せません。特に、二つ折りの財布を好む女性層に人気で、気軽に使える高級ブランド品ということで、以外にもヴィトン・デビューをこのアイテムから果たす若い世代も少なくないようです。良品を少しでも安く購入しようということで、中古市場での人気は安定しており、正規品の実売価格約70,000円に対し、新品・新品同様クラスで約50,000円~55,000円という高値の買取査定額が相場となっています。

ルイヴィトンのエピ・ラインの買取に関するまとめ

戦前に考案され世に出たエピ柄は、ヴィトンのバッグやウォレットに代表される数々のアイテムに採用され、年代を追って修練され洗練されてきた歴史を持っています。光線の角度と光の当たり具合によって微妙に変化し外観の印象を変えるエピのシャープで美しい柄は、製品の神秘性をより高める効果を生み、多くのヴィトン・ユーザーの満足度を高めています。中古市場でも依然として高値の買取価格で取引されているのがエピ柄ヴィトンの品々なのです。
ルイ・ヴィトン エピの買取商品一覧はこちら

カテゴリー : エンタメ タグ :
買取比較サイトURIDOKI(ウリドキ)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。