ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

【2017年版】池袋のおすすめビアガーデン・ビアテラス6選!百貨店や水族館でも!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
【2017年版】池袋のおすすめビアガーデン・ビアテラス6選!百貨店や水族館でも! CAFÉ NOISE

池袋エリアにはビールや美味しい食事を楽しめる個性派のお店がいっぱい!

百貨店でも、それぞれまったく違うアプローチでビアガーデンが企画されています。美味しいベルギービール専門店から水族館まで、喧騒から少し離れた場所で楽しめる場所や、まだ下町の面影も残るアットホームな雰囲気のビアガーデンやビアテラスをご紹介します。

1.CARTA 池袋店

オススメは、肉バルグリルとクラフトビール

CARTA 池袋店

肉バルですが、他のシーズンには牡蠣などのシーフードもオススメです。

肉バル&オイスター&クラフトビールを贅沢に楽しめるプランが一番のオススメ。オイスターがない時期でも、マスターが厳選したクラフトビール、ボリューム満点の肉バル料理の数々はまさに必見。アットホームな空間と接客に、心が癒されます。お店は貸し切りもOKなので、同窓会やパーティにも良さそう。CARTA 池袋店

カジュアルに楽しめる、気取らずに訪れてビールを飲みたい場所。 CARTA 池袋店

開催時期/5月(予定)

TEL/050-5828-3601

住所/東京都豊島区池袋2‐73‐4

営業時間/月~日、祝日、祝前日: 11:00~15:00 (料理L.O. 14:30)、17:00~翌0:00 (料理L.O. 23:00 ドリンクL.O. 23:30)

ランチ 11:00-15:00 (L.O.14:30)

ディナー 17:00-24:00 (L.O.23:30)

アクセス/JR山手線「池袋駅」西口より徒歩9分、東京メトロ副都心線「池袋駅C6出口」より徒歩4分

料金/ 期間限定コース4,980円

休み/なし

2.ベルオーブ 東京芸術劇場

ベルギービール専門店ならではの豊富な品揃え!

ベルオーブ 東京芸術劇場

「ビアガーデンコース」にプラス500円で、ベルギービール樽生3種飲み放題5,000円に変更できます。試してみる価値あり!

美食の国“ベルギー”から、海を渡り取り寄せた自慢のベルギービールが、毎日届いている「ベルオーブ」。 東京芸術劇場内1Fの開放的スペースはまさに、「ベルジャンビアホール!!」。直輸入の樽生&ボトルのビールを、ベルギーの郷土料理やヨーロッパの代表的な料理とあわせて楽しめます。ベルオーブ 東京芸術劇場 テラス席もゆったりとした空間。ベルオーブ 東京芸術劇場

珍しいワインやスイーツも試してみたくなります。テラスは喫煙可能な座席になります。 ベルオーブ 東京芸術劇場

開催時期/5月(予定)

TEL/予約専用 050-5592-9361

住所/東京都豊島区西池袋1-8-1 東京芸術劇場 1F

営業時間/11:30~23:00(L.O.22:00)※10時以降はテラス入口から入れます

アクセス/池袋駅直結2b出口

料金/ テラス限定!当日ビアガーデンコース 飲み放題付き4,500円

予約は当日15:00までに。4名から、17:00以降利用できます。

休み/不定休

詳細はサイトにてご確認ください

「ベルオーブ 東京芸術劇場」の詳細はこちら

開催・予約の情報を随時更新

3.西武池袋本店 「天空のビアテラス」

緑豊かな屋上庭園でビールを飲んで心も癒される

西武池袋本店「天空ビアテラス」

グリーンに囲まれた心地よい、広々としたスペースで、星空を見ながらビールを飲める空間です。

2017年も西武池袋本店屋上、食と緑の空中庭園で「天空のビアテラス」がオープン!お得なコースメニューやア・ラ・カルトメニュー、多彩なフードカートメニューと合わせて楽しみなメニューが充実。とくに、今年のおすすめコースメニューは、イベリコ豚の入ったバーベキューミートセットです。 西武池袋本店「天空ビアテラス」

開催期間/4月27日~10月8日

TEL/03-3981-0111(大代表)

住所/東京都豊島区南池袋1-28-1

営業時間/16:00~22:00(7月・8月は22:30まで)

※4月28日は15:00から営業。

※食事ラストオーダーは閉場 1 時間前まで、ドリンクラストオーダーは閉場30分まで

※屋上庭園営業時間:4月26日までは10:00~20:00までの営業

アクセス/池袋駅直結

料金/ Aコース 大人 4,600 円 中高生 3,000 円 小学生 2,500 円

※4~6 歳は 500 円、3 歳以下は無料(ともにドリンクのみ提供)

Bコース 大人 3,000 円 中高生 2,000 円 小学生 1,500 円

※4~6 歳は 500 円、3 歳以下は無料(ともにドリンクのみ提供)

詳細はサイトにてご確認ください

「西武池袋本店「天空ビアテラス」」の詳細はこちら

4.CAFE NOISE(カフェ ノイズ)

アートも楽しめる美味しいダイニングバー

CAFE NOISE(カフェ ノイズ)

ヨーロッパのカフェカルチャーの雰囲気もある、カジュアルなダイニングバー。

情熱的で生命力あふれるウォールアート。そんな、アーティスティックな空間と、DJブースから流れる心地よいリズムを刻む音楽が、ゆったりとくつろげる時間を演出しています。ランチ・カフェ・ディナー・パーティ、おひとり様・カップル・友人・ビジネスなど、さまざまなタイムに、さまざまなシーンで使えるアートカフェ&ダイニングです。CAFE NOISE(カフェ ノイズ)

ナチュラルでヘルシーな料理が人気! CAFE NOISE(カフェ ノイズ)

開催時期/4月 桜テラスお花見コース10品(2名~)

TEL/03-3989-7535

住所/東京都豊島区東池袋3-1-1サンシャインシティ専門店街アルパ B1F

営業時間/11:00~23:00(L.O.22:00)※テラスコースは16:00~20:30入店まで

アクセス/地下鉄有楽町線 東池袋駅 徒歩3分

料金/ <料理のみ>2,500円<2.5H飲放付>3,000円

休み/なし(施設休館日に準じ不定休日あり)

詳細はサイトにてご確認ください

「CAFE NOISE(カフェ ノイズ)」の詳細はこちら

5.東武百貨店「帰ってきた炎のプルコギ伝説」

ここは、本場のプルコギが食べられるビアガーデン

2017年の東武百貨店 池袋本店のビアガーデンは、プルコギをフィーチャー。韓国語でプルは「火」コギは「肉」という意味だそう。甘辛い味付けが食欲をそそり、クセになる美味しさ。「普通のビアガーデンじゃイヤ!」というアナタは、東武百貨店の池袋本店の16F屋上へGO!東武百貨店 池袋本店「帰ってきた炎のプルコギ伝説」 夏こそ、熱いものを食べて、ますます元気に!※写真はイメージ東武百貨店 池袋本店

今年の池袋はプルコギがブームになりそう。 東武百貨店 池袋本店「帰ってきた炎のプルコギ伝説」

開催時期/5月22日~9月10日予定

TEL/03-3981-2211(代表)

住所/東京都豊島区西池袋1-1-25

営業時間/平日:17:00~23:00、土日祝:16:00~23:00(L.O.22:00)

アクセス/池袋駅直結

料金/「プルコギ伝説豚セット」、大人3,200円、子供(小学生以下)2,300円

・「プルコギ伝説牛セット」、大人3,800円、子供(小学生以下)2,900円

セットには、山盛りポテトチップスとドリンク飲み放題が含まれます。

休み/休業日あり

詳細はサイトにてご確認ください

http://www.tobu-dept.jp/ikebukuro/

※掲載情報は変更になる可能性あり。来場前にお問合せを

6.池袋サンシャイン水族館 ビアガーデン

生き物たちが泳ぐのを見ながらビールが飲める空間

池袋サンシャイン水族館のビアガーデン

水族館だけでも楽しいのに!「キリン生ビール」540円

都会のビルの屋上、サンシャイン水族館 屋外エリア「マリンガーデン」がビアガーデンに!南国の希少な植物や水族館のペンギンは必見!さらに、楽しくビールも飲めるなんて最高です。2017年は、仕込み水に流氷を使用した、青いビール(発泡酒)をはじめビアガーデン限定メニューも登場。生き物たちに囲まれた空間で楽しいひとときを過ごしてみては?流氷ドラフト

ここならではの、流氷を仕込み水に使ってつくられたビール。「流氷ドラフト」650円 池袋サンシャイン水族館のビアガーデン

開催時期/ 7月12日~9月3日予定

TEL/03-3989-3466

住所/東京都豊島区東池袋3-1

営業時間/4月1日~10月31日 10:00~20:00

アクセス/東池袋駅(東京メトロ有楽町線)徒歩約5分、池袋駅(JR・東京メトロ・西武線・東武線)徒歩約10分、東池袋四丁目停留所(都電荒川線)徒歩約6分

料金/入場料金:大人(高校生以上)2,000円、こども(小・中学生)1,000円、幼児(4才以上)700円、シニア(65才以上) 1,700円 ※料理別途

詳細はサイトにてご確認ください

「池袋サンシャイン水族館のビアガーデン」の詳細はこちら

※この記事は2017年3月時点での情報です

※表記価格はすべて税込み料金です

関連記事リンク(外部サイト)

【2017年版】大阪ビアガーデン17選!なんば・心斎橋・天王寺のエリア別でご紹介
【2017年版】横浜の夏を満喫!おすすめビアガーデン11選

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
じゃらんニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。