ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

“無償の愛”がテーマ……レディー・ガガが放つ意欲作「ザ・キュア」(Song Review)

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
“無償の愛”がテーマ……レディー・ガガが放つ意欲作「ザ・キュア」(Song Review)

 2017年4月14日~16日に開催された【コーチェラ・フェスティバル2017】で、ビヨンセの代わりに急遽トリを務めたレディー・ガガが、後半のメドレー前に披露した新曲「ザ・キュア」を、サプライズ・リリースした。既に60か国の国と地域でiTunesチャート首位を獲得していて、世界中で大きな話題を呼んでいる。

 制作に参加したのは、ガガの大ヒット曲「ボーン・ディス・ウェイ」(2011年)や「アプローズ」(2013年)などを手掛けたDJホワイト・シャドウ、そしてセレーナ・ゴメスやブリトニー・スピアーズなどの人気シンガーを担当する、ニック・モンソンの2人。この2人は、3rdアルバム『アートポップ』(2013年)にも参加していて、ガガとの相性の良さをみせていた。

 サウンドは、昨年12週間の全米No.1を獲得した、ザ・チェインスモーカーズの大ヒット曲「クローサー feat.ホールジー」や、ゼッド&アレッシア・カーラの新曲「 ステイ」のような、メロウな感覚を持つエレポップ・チューンで、昨年秋にリリースした5thアルバム『ジョアン』や、これまでのアルバム(楽曲)にはなかった意欲作。

 サビでは、ガガらしいパワフルなボーカルを聴かせるが、ファルセットを使い、優しく歌いあげる歌い出しだけでは、誰の曲なのか分からないほど、違う印象を与える。静と動が交錯する、アーティスティックなナンバーで、“無償の愛”をテーマにした歌詞の世界観も美しく、往年のレディー・ガガ・ファンも納得の仕上がりだ。

 この曲は、新作からの先行シングルとして発表したものではないようで、今のところニュー・アルバムの発売などは発表されていない。近日中には、ミュージック・ビデオが公開されるかと思われる。

Text: 本家 一成

◎リリース情報
「ザ・キュア」
レディー・ガガ
デジタル配信
https://itun.es/jp/s-Sijb?i=1227018435

関連記事リンク(外部サイト)

レディー・ガガ、新曲「The Cure」を初披露した【コーチェラ2017】ミニ・レポート
レディー・ガガ、主演映画『スター誕生』の撮影開始
【コーチェラ2017】出演&参加アーティストのインスタまとめ~ガガ/ビヨンセ/ドレイク/ケイティ/ザ・ウィークエンド&セレーナ

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。