ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

本当にライオンだ!肉食動物に急接近!富士サファリパークの魅力【静岡】

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
本当にライオンだ!肉食動物に急接近!富士サファリパークの魅力【静岡】 ライオン

気候が良く外に出かけたい季節。

こんな時期は動物園に行ってみるのはいかがですか?

ここ、富士サファリパークはCMでもおなじみサファリゾーンに車で乗りこんで動物を見るスタイル。

ライオンをはじめとする大型肉食獣にここまで接近できる動物園は国内でもそうありません。

さらに4月下旬~10月まではナイトサファリも実施され、大勢の人が訪れます。

そんな富士サファリパークのみどころをまとめました!

記事配信:じゃらんニュース

富士サファリパーク【静岡県裾野市】

ライオンをはじめとする大型肉食動物に、ここまで接近できる動物園は国内でもかなり稀。

下に紹介する「ナビゲーションカー」や「ジャングルバス」など、♪近すぎちゃってどうしよう~な体験が目白押し!

動物の息づかいを体感しましょう!

Special 1.

ナビ付きの4WDに乗って自由に寛ぐ動物に大接近!

ライオン

樹上でグゥグゥ寝ているライオン…。動物の自然な表情が見られるのも魅力

ゼブラ柄の車を貸し切って、サファリゾーンを走行。

車内ではタブレット端末を操作して動物の説明を聞けます。

途中、草食動物にエサをあげられるお楽しみポイントもあります。エランド

草食動物のエランドキリン

大きなキリンが長い首を曲げて、車内にごあいさつすることもムフロン

山岳の草食動物でヒツジの仲間のムフロン。“ごはんちょうだい”

ナビゲーションカー

開催日/毎日

料金/1台5000円(5人乗り・7人乗り)※0歳から人数カウント

体験方法/案内所横でチケットを購入(予約不要)

※オフロードの走行があるため、首が座っていない幼児や妊婦は控えて

Special 2.

猛獣との距離は約20cm!金網張りのバスで周遊。

スーパージャングルバス

春休みには天井まで金網にしたスーパージャングルバスが登場予定

バス

ジャングルバス

開催日/毎日

料金/1人1300円※3歳以上有料

体験方法/案内所横でチケットを購入(予約不要)

※雨天の場合はレインコートを着用

※オフロードの走行があるため、首が座っていない幼児や妊婦は控えよう

富士サファリパークの代名詞ともいえるイベント。

金網のすぐ近くまで迫り来る大型動物に、終始ドキドキが止まりません。

息づかいやにおいまで伝わる迫力に興奮!

Special 3.

トラやヒョウにもエサやりできちゃう!

エサをあげる体験というと大人しい動物が一般的だけど、トラやヒョウなど獰猛な肉食獣で体験できるのはかなりレア!トラ

現在トラにエサをあげられるのは、「ウォーキングサファリ」のみ

ウォーキングサファリ

森林浴をしながらサファリゾーンの外側2.5kmを歩いて一周。途中で複数の動物にエサやりができる。

開催日/毎日

料金/1人500円(エサやりは別途※トラ200円)

体験方法/指定場所に集合(対象年齢4歳以上)

※雨天でも実施ヒョウ

エサにかぶりつく力の強さびっくり!

限定エサあげ体験

普段はエサをあげられない動物に特別にエサをあげられる!

開催日/ヒョウ:土日祝の13時15分~

料金/200円

体験方法/当日13時にヒョウ展示場で整理券を配布

※小雨決行

Special 4.

かわいいパレードに参加しよう♪

パレード

ミニチュアホースパレード

開催日/土日祝

料金/パレード参加料無料

体験方法/13時に指定場所に集合※対象年齢3歳ぐらい~小学生(定員最大7名)

※雨天時、園内混雑時は中止

ウェスタンスタイルにおめかししたかわいらしいウマの行列。

当日先着順で子どものみ参加でき、パレードのゴール地点となるサファリショップ前では記念撮影タイムもあります♪

今年も「ナイトサファリ」を開催!

富士サファリパークでは富士山を望む園内に、世界中から集まった動物たちがのびのびと暮らしています。

4月下旬~10月まで、日時限定で「ナイトサファリ」を開催(GWは毎日)。

昼間とは違う動物たちの素顔を観察できるチャンスです! 富士サファリパーク

TEL/055-998-1311(代)

住所/裾野市須山字藤原2255-27

営業時間/9時~17時(変動あり)

定休日/なし

料金/高校生以上2700円、4歳~中学生1500円

アクセス/新東名新富士ICより30分

駐車場/1400台

「富士サファリパーク」の詳細はこちら

※この記事は2017年3月時点での情報です

関連記事リンク(外部サイト)

国宝に認定!「松江城」観光は山陰旅行で必須!おすすめスポット5選【島根】
子どもがさわって大興奮!タッチできる動物園・水族館・牧場【東海】
おしゃれピクニックを気軽に楽しもう!これだけあればOKな持ち物リスト10

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
じゃらんニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。