体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

[ARTIST×FASHION]三戸なつめ

[ARTIST×FASHION]三戸なつめ
モデルとして同世代から圧倒的な支持を誇りながら、その人気は瞬く間に世代性別を越えて…。
今回の〔ARTIST×FASHION〕では、『前髪切りすぎた』での衝撃のデビューから早2年、記念すべき1stアルバム『なつめろ』をリリースする三戸なつめちゃんに、突撃インタビュー!

豊かな表情と、柔らかい人となり、世界観の溢れたファッション、音と遊ぶ印象的な声。多くの人々に愛されるなつめちゃんの素顔や葛藤、そして展望。アーティスト活動における思いから、独自のファッションへのこだわりまでたっぷり話してくれました。元気いっぱいのあの曲から、優しく届けたいあの曲まで。『なつめろ』の聴きどころもお見逃しなく!

—記念すべき、1stアルバム『なつめろ』。これまで見たことのないジャケットの表情にドキッとしちゃいました…! タイトル誕生秘話や撮影裏話はありますか?

そうですね、結構新しい表情かもしれません!(笑)。ジャケットのデザインも、アートディレクターの矢後さんと綿密な打ち合わせを重ねました。どういうものがいいかっていうのを追求して話し合いましたね。おしゃれだけど、どこか違和感のあるもの。当初から、そういう世界観を表現したいっていうのがありました。
 

—このデザインにした決め手は?

バッグが地層で、レトロな椅子とラジカセを置いたんですけど、ジャケットの裏テーマとして、「何十年先の三戸なつめが『なつめろ』を聞いてる」というのがあるんです。 “おばあちゃんになった三戸なつめ”に扮してくれるおばあちゃんをスタッフさんが探してきてくれて、ブックレットには、その写真も載ってます。この1枚に、1つの物語が流れている感じが気に入っています。

—なつめちゃんの曲は、どれも耳馴染みがすごく良いですよね。ご本人的にお気に入りの曲はありますか?

うーん…迷っちゃうけど、ライブをやっていて楽しいのは『パズル』かな。聴いてる分には『風船と針』が好きですね。歌詞も、この2年間のアーティスト活動を通して、自分が感じたことや思ったことにすごく近くて…。冒頭の「自分が思うほど慎重じゃなくても心配いらないのかもね」という歌詞から胸に響くものがありましたね。
 
—なつめちゃん自身の葛藤とリンクする部分があったんですね。

そうなんです。アーティスト活動をしていく中で、どこか萎縮しちゃう部分があって…。自分自身を表現するにあたって、こうでいいのかな…?とか。だからヤスタカさんが書いてくれたこの歌詞を聴いて、「もっと思い切りやっていいんだ!」って、ジーンとしちゃって、泣きそうになったんです。でも…いざレコーディングしたら、めちゃくちゃ難しかったっていう別の意味での思い入れもあります!(笑)。

—なるほど! 具体的にはどういったことに苦戦しましたか?

『おでかけサマー』あたりから歌い方の変化があって…。それまでは、とにかく思うままに元気に歌うという感じだったんですけど、ヤスタカさんのアドバイスを受けて、優しく歌うことに挑戦し始めたんです。

—アーティストとしての一つの変換期というか、また新たなステージを迎えられた感じがしますね。

その中でも『風船と針』は優しさの極み! 落として落として、喋るくらいの感覚で歌いました。ほとんど声出してないっていうくらいの優しさ(笑)。ヤスタカさんは、歌い方や言葉の発音ひとつひとつに気を遣ってくださるので、そういう意味でも変化のついたアルバムになったかなと思っています。

1 2 3次のページ
HARAJUKU KAWAii!! STYLEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会