体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

失敗パターンから学ぶ!第二新卒が知っておくべき転職方法

大学を卒業して初めての就職、そこで待ち受けているのはキラキラした社会人生活とは限りません。人によっては業界・企業との不一致や、劣悪な労働環境に耐えきれず退職をする人もいます。

そのように卒業してから1年~3年以内に退職した人を第二新卒と呼びます。

せっかく入社した会社を早々に退職してしまったなんていうネガティブな印象を持たれるケースもなくはないですが、今の転職市場では第二新卒を積極採用する企業が増えているのをご存知でしょうか。

ここでは、そんな貴重な第二新卒の転職を成功させる方法を解説しています。

 

第二新卒のよくある失敗パターン

第二新卒の多くは最初に就いた会社を3年以内に辞めています。理由は人それぞれですが、主にあげられるのが下記の2点が多いようです。
企業や人間関係が合わなかった
労働環境がブラックだった

そうなると、転職活動をする際に気になってしまうのが「次の転職先でも企業や人が合わず、すぐ辞めることになったらどうしよう・・・」という心配。最初の社会人生活が良い思い出ではなかったら心配するのも無理はありません。

では、第二新卒の転職で見られがちな失敗パターンをご紹介します。

決してすべての人に当てはまる訳ではないですが、知らず知らずのうちに陥ってしまうこともあります。事前に知ることで、十分に回避することは可能です。

 

1. 転職の目的が会社を辞めることになっている

第二新卒が転職しようとする時、一番多いのが「とにかく今の会社を辞めたい」と目の前の壁を取り除くことに躍起になってしまっていることです。この時点では、転職した後のことをあまり考えられていません。

転職をする際には、何か課題や問題を感じて退職を考え始めることが多いと思いますが、本質的な課題や問題とは何か、またそれらはどうすれば解決できるのか、自分自身がどうなれば満足なのか等を考える必要があります。そうでないと、次の転職先でも同じような理由でまた退職する、なんてことになりかねません。

転職をするための企業面接においても前職の退職理由は、ほぼ確実に聞かれる内容ですので、しっかりと語れるように準備しておく必要があるでしょう。

 

2. 一貫性がない

例えば、「前の職場ではもともと興味があった車関係の整備士でした。退職理由は、今しか挑戦できないと思って半年間、留学に行きたかったからです。ただ、今後は自分のコミュニケーション力を生かして飲食業界で活躍していきたいです。

でも、せっかく学習したので、きっとどこかで役立つだろうと思ってTOEICは受けました。」というようにやってきたこと、やっていること、今後の意向に一貫性がない場合、「またすぐに気が変わって退職するのでは?」と思われやすいです。

 

学生時代は何事も、知ることで自分の可能性を広げられるので、興味を持っていろいろなことにチャレンジするのは良いことです。

ただ、社会人になったら学生時代の考えがそのまま通用すると思ったら、社会はそう甘くはありません。特に、異業種への転職や目的が明確でない留学などは、「結局、何がやりたいの?」と企業側から疑問視されても致し方ないと言えます。

お仕事というのは前提として金銭が発生します。自分がやりたいこと・やれることを改めて整理して、長期的に考えて仕事にしていける分野は何か、自分と向き合って考える必要があります。

 

3. 社会人経験で身についたものがない

第二新卒は、社会人経験がない新卒社員とは違います。一度、会社に入社し社会人としての生活を送っていた時期があります。その経験で、何が身についたのか、学生時代にはなかったアピールポイントは何か、次の転職先で活かせるスキルや知識は何か、そういったことをしっかりアピールする必要があります。

企業側が第二新卒を採用する時に、新卒社員とは違って社会人経験があることで教育期間の短縮や場合によっては即戦力として活躍してくれるのではないか、という期待は少なからずあるでしょう。

例えば、名刺の受け渡しや顧客折衝、電話対応などの経験があるのとないのとでは、雲泥の差があります。たとえ、異業種にチャレンジする時であっても社会人経験があるということは立派なアピールポイントになるはずです。そういった1つ1つの経験を整理しておくというのは大切なポイントです。

 

このように、第二新卒の転職活動は新卒採用の時と違う点もあります。焦らずにじっくり自分と向き合いながら活動していけば恐れることはありません。

 

第二新卒は実はチャンス

1 2 3次のページ
TechAcademyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。