ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

乃木坂46アンダーライブ、東京体育館 3days全4公演でのべ32,000人を動員

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
乃木坂46アンダーライブ、東京体育館 3days全4公演でのべ32,000人を動員

4月20日〜22日、東京体育館(東京・千駄ヶ谷)にて開催された「乃木坂46アンダーライブ 全国ツアー2017 〜関東シリーズ 東京公演〜」が、完全燃焼で幕を閉じた。

各公演8,000人を動員した当ライブは、3日間で全4公演、のべ32,000人の動員となる。

初日のオープニングでは、満員となった会場に感極まり、最初から涙が止まらない渡辺みり愛。「今回のアンダーメンバーは、乃木坂46史上最少人数の12名で、最弱とも言われる中、この日の為にメンバー一丸となって頑張ってきました。今回のアンダーのセンターとしても引っ張っていきたいと思います!」と力強いMCを披露。

乃木坂46の製品化された楽曲の中で、アンダーメンバーが歌唱するいわゆる“アンダー楽曲”を中心に構成された同公演だが、「ファンタスティック3」というコーナーでは、毎公演3名のメンバーに焦点をあて、その3名がセンターを務めるシングル表題曲を披露し、観客はさらにヒートアップした。「一生懸命に練習した」と渡辺の前置きがあり、本編ラストでは、現在大ヒット中の最新シングル「インフルエンサー」のアンダーメンバーVerで本編終了。

そしてアンコールのラストでは、17thシングル「インフルエンサー」のC/W曲で、今回のアンダーメンバー12名が歌唱している「風船は生きている」を披露した。

4月22日夜に行なわれた最終公演では、乃木坂46にかけて4,600個の風船が振り落とされ、さらにダブルアンコールでは「ダンケシェーン」を熱唱して終了すると思いきや、会場内大盛況によりトリプルアンコール「ガールズルール」を披露して、アンダーライブは幕を閉じた。

メンバーの伊藤かりんは、「私は一度も選抜メンバーに選ばれた事がなく、またアンダーメンバーのフォーメーションでも後列(3列目)が多い中、自分を信じて活動してきました。今の乃木坂46は個人で活動できる場も増え、アンダーメンバーであっても活躍出来る場がたくさんある事を実感していて、続けてきて本当に良かったです。」と涙ながらにコメント。

秋元康氏が総合プロデュースする48グループや坂道シリーズの46グループは、毎シングルごとに選抜とアンダーに区分けされる特殊なアイドルグループではあるが、複雑な想いを背に、自分を信じて邁進するアンダーメンバーの姿に、誰しもが心を打たれ、そしてドラマ続きの3日間であった。

メディア露出も多く、世間一般的に認知が高い選抜メンバーに比べると、格下となってしまいがちなアンダーメンバーではあるが、最弱とも言われたアンダーメンバー12名で東京体育館3daysを満員にした事は、乃木坂46の層の厚さを物語っている。

「乃木坂46アンダーライブ2017 全国ツアー〜関東シリーズ 東京公演〜」セットリスト
4月20日(木)
M1:風船は生きている
M2:シークレットグラフィティー
M3:春のメロディー
M4:13日の金曜日
M5:ブランコ
M6:狼に口笛を
M7:自由の彼方
M8:ここにいる理由
M9:生まれたままで
M10:左胸の勇気
M11:扇風機
M12:君は僕と会わない方がよかったのかな
M13:初恋の人を今でも
M14:涙がまだ悲しみだった頃
M15:命は美しい
M16:君の名は希望
M17:走れ!Bicycle
M18:裸足でSummer
M19:別れ際、もっと好きになる
M20:嫉妬の権利
M21:不等号
M22:あの日 僕は咄嗟に嘘をついた
M23:インフルエンサー
※本編終了
EN1:ロマンスのスタート
EN2:ハウス!
EN3:風船は生きている

4月21日(金)
※M1〜M14とM19〜EN3は上記と同じ。
以下4曲のみ変更。
M15:太陽ノック
M16:サヨナラの意味
M17:ハルジオンが咲く頃
M18:ガールズルール

4月22日(土)昼公演
※M1〜M14とM19〜EN3は上記と同じ。
以下4曲のみ変更。
M15:気づいたら片想い
M16:何度目の青空か?
M17:おいでシャンプー
M18:夏のFree&Easy

4月22日(土)夜公演
※M1〜M14とM19〜EN3は上記と同じ。
以下4曲を変更&ダブルアンコールが追加
M15:制服のマネキン
M16:今、話したい誰かがいる
M17:バレッタ
M18:ぐるぐるカーテン
WEN:ダンケシェーン
TEN:ガールズルール

関連リンク

乃木坂46 オフィシャルサイトhttp://www.nogizaka46.com/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。