体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

快適なフィードバック作業が、アプリ開発のクオリティを高める──「Balto」に込めた想いとは

面倒なフィードバックにかかる作業時間を4分の1に短縮

スマートフォンアプリ開発では、デザイン仕様や機能改善について、デザイン検討の段階はもちろんのこと、アプリを実際に動かしてみせる実装ベースにおいても、PM、エンジニア、デザイナーの間で頻繁なやりとりが交わされ、それはリリース後も続く。

とりわけユーザーのUI/UXの向上が求められる最近では、ユーザーテストも重要だ。

アプリの操作性やフィーリングを検証するためにユーザーテストを実施し、フィードバックを広く集め、改善サイクルを頻繁に繰り返すことで、ユーザービリティを高めること。こうしたプロセスが、どんなアプリ開発にあたっても重視されるようになってきた。

しかし、フィードバックの集約という点ではいくつか課題もあった。

例えば、社内のレビュー担当者が、あるアプリのUI改善のために、エンジニアにフィードバックを送るとする。

「レビュアーはまずアプリ画面のスクリーンショットを撮って、それをいったんPCに落とし、デザインソフトで当該部分を丸囲みするなど強調し、画像にコメントをつけて、スプレッドシートに貼り付けたり、メールやチャットツールで送る──これらがこれまでの一般的な流れでした。結構面倒な作業です。

当社の開発事例で言えば、この作業に一回あたり平均120秒はかかっていました。それが、『Balto』を使えばわずか30秒で済むようになります。作業時間の大幅な短縮につながります」と語るのは、BaltoチームのPM、中村太紀氏だ。

株式会社グッドパッチ Baltoチーム プロダクトマネージャー 中村 太紀氏
グッドパッチではWebサイトやアプリの受託開発を約4年間担当。2016年11月から自社サービスのBaltoのプロダクトマネージャーに就任。

それは受託開発の現場のニーズから生まれた

Baltoは、テスト中のアプリにワンアクションで簡単にフィードバックを送ることができる開発支援ツールだ。

2017年1月にサービス提供を開始。小規模企業向けの年間43,200円をはじめ、複数の料金体系が用意された有料サービスで、14日間の無料トライアル期間もある。

フィードバックを円滑にし、アプリの改善サイクルを高速化するという謳い文句通り、例えばレビュアー向けには、スクリーンショット撮影機能に加え、6秒間のムービー撮影機能を用意。撮影したスクリーンショットに丸、四角、矢印のシェイプをつけたり、コメントを付けるのも簡単だ。

開発者向けには、BaltoSDKを組み込んだアプリをBaltoWebダッシュボードから配信できる機能を盛り込んだ。配信するゲストの数には制限がなく、より多くのフィードバックを集めることができるようになる。

配信の自動化やフィードバックの一元管理が可能で、管理画面では、レビュアーごとの状態チェック、例えば誰がアプリを開いたか、誰がレビューをしたかが一目瞭然にわかるようになっている。

「フィードバックを送る側、送られる側双方にとって面倒な手間を省くというのが第一の狙い。わざわざPCにキャプチャ画面を落としたり、チャットツールを立ち上げたりする必要もないので、レビュアーは電車の中や布団の中でもユーザーの気持ちでアプリを使いながら、フィードバックできるようになります。

例えば、エレベーターの中でテストしてみたら、電波が弱くて画像の読み込みが遅かった。ここは改善すべきといった、さまざまな使用シーンを前提にしたレビューができるのも利点の一つです」(中村氏)

これまでもプロトタイプ管理ツールフやィードバック管理ツールがなかったわけではない。グッドパッチの開発チームも顧客企業から受託したアプリ開発の過程でそれらを使うこともあったが、十分満足できるものがなかった。それなら、自分たちで作ってしまおうと始めたのが、このBaltoだ。

1 2 3次のページ
CodeIQ MAGAZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。