体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Galaxy S8+向けに非公式のTWRPが公開、root化が可能に

Samsung の新フラッグシップ「Galaxy S8+」の Exynos モデル用の TWRP が XDA Developers で公開され、早くも root 化することが可能になりました。TWRP はカスタムリカバリの一種で、カスタマイズ用の ZIP ファイルやカスタム ROM をインストールしたり、ROM のバックアップを取得したりと、公式にはサポートされていない操作を実行することが可能になります。今回の TWRP は dream2lteks(韓国語版)と SM-G955N(グローバル版)向けに提供されており、グローバル版向けのTWRP は SM-G955F / FD とも互換性があるとされています。しかし、現時点ではカーネルソースが公開されていないことから TWRP 上で MTP アクセスやストレージの暗号化を無効にすることはできないとされています。暗号化を無効化するために、「no-verity-opt-encrypt.zip」というファイル名の専用 ZIP が提供されており、これを Flash するとストレージの Wipe メニューが利用できるようになります。その後、別途公開されている「Magisk-v12.0-arm64.zip」を Flash すると root 化が可能とされています。Source : XDA

■関連記事
OnePlusスマートフォンに隠されているハードウェアテストツールの起動方法
GoogleとHuawei、Nexus 6Pのブートループ問題とバッテリー切れ問題で提訴される
塗るだけの液晶保護シート「LIQUID ARMOR plus」が発売

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会