体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

本日発売『爽健美茶 健康素材の麦茶』脂肪を減らす機能性とは!? 本家『爽健美茶』もさらに進化していた!

ブレンド茶を世に広めた『爽健美茶』がこの春さらに進化。しかも4月24日(月)には『爽健美茶 健康素材の麦茶』が新登場! 私たちにおなじみの人気商品の春の改革を、さっそくチェックしてみよう。

昨年リニューアルしたばかりの『爽健美茶』が、今年もまた進化!

日本コカコーラの大人気ドリンク『爽健美茶』は、1993年発売。緑茶か麦茶かで二分していた時代に、その名のごとく颯爽と登場しあっという間に定着したブレンド茶。テレビCMで歌われた「ドクダミ、ハブ茶、プ~ア~ル」のメロディは、今でも口ずさめる人は多いはず。現在のキャンペーンソングは、いきものがかりの『ぼくらのゆめ』。CMに登場する土屋太鳳さんの「うるおったお♪」というかわいい声が印象的だ。

 

そんな『爽健美茶』は、昨年5月にリニューアルを行い当サイトでもその変化を比較検証している。あれからちょうど1年、スピードリニューアルに驚いた記者だがそれだけでなく「爽健美茶の麦茶バージョン」まで新登場したことにさらに驚かされた。なぜこんなに早くリニューアル? なぜ今、麦茶? これは試さずにはいられない!

 

新しい『爽健美茶』は、さらにやさしくなっていた!

『爽健美茶』の魅力といえばカフェインゼロで子供にも妊婦さんにも人気があるほか、様々な茶葉から抽出されたやさしい味わいだ。今回のリニューアルでは、ハトムギ、玄米(発芽玄米2%)、大麦、どくだみ、はぶ茶、チコリー、月見草、ナンバンキビ、オオムギ若葉、明日葉、ヨモギ/ビタミンCに新たに「杜仲葉」がプラスされている。

さらにパッケージには「アレルギー特定原材料等27品目不使用」との文字が加わった。アレルギー特定原材料等27品目とは、食物アレルギー症状を引き起こすことが明らかである食品のうち、とくに発症者数や症状の重症度が高い成分のことで、食品表示法によりその明記が義務付けられている。

 

以前の『爽健美茶』にはアレルギー特定原材料等27品目のひとつ、黒ゴマが含まれていたのだが、「黒ゴマ」に代え「杜仲葉」を採用することにより「アレルギー特定原材料等27品目不使用」となった。アレルギーを持つ人にとってはうれしい変化だ。

では、味はどうなのだろうか? 今回は600mlペットボトルを試飲。『爽健美茶』は280ml、300ml、525ml、600ml、1L、2Lとサイズが豊富なことも特徴的。

グラスに注いでみると、見た目の色は以前のものと変わりない様子。いつも通りの爽健美茶だ。ハトムギや玄米の爽やかさが香る。実際に飲んでみると、クセのないマイルドな味わい。それほど味に変化があったようには感じられないが、全体がさらにマイルドになってやさしくなっている印象。

1 2 3次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。