ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

及川光博が最新作! 遺作にしてもいいくらいの力作?

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

及川光博が最新作! 遺作にしてもいいくらいの力作?
J-WAVEで放送中の番組「SMILE ON SUNDAY」(ナビゲーター:レイチェル・チャン)のワンコーナー「Mercedes-Benz SOUNDS GOOD」。4月16日(日)のオンエアは、ミッチーこと、俳優・ミュージシャンの及川光博さんをゲストにお迎えしました。

この日は日曜日ということで、及川さんに休日の過ごし方をお聞きしました。すると、休日の前夜は友人やバンド仲間とワイワイ夜中まで遊ぶそうで、「休日はとにかく目覚ましもかけず、寝たいだけ寝るっていう」と及川さん。目覚ましをかけない休日とは最高の贅沢ですね!

そんな及川さんは、もしゴールデンウィークに休みが取れたら「実家に帰りたい!」と即答していました。ご実家は都内にあるそうですが、お正月以来、ご両親の顔を見ていないそうです。「実家に帰って親孝行したいですね。次の日、仕事があるってなると長居できないから」(及川さん、以下同)

お忙しくしていると、なかなかまとまった休みは取れないですよね。ちなみにお父様はハットを斜めにかぶるようなキザなタイプで、お母様はフリフリのブラウスを着るような乙女チックな方だそうです。「そういう遺伝子を受け継いだので、ミッチーもキザでロマンチックかな。なんて(笑)」

そして番組恒例となっている質問、「思い出のドライブソングベスト3」をお聞きしました。

■第3位 岡村靖幸「Peach Time」
及川さんは大学時代、軽音楽部に所属していたのですが、そんな時代によく聴いていた青春の一曲だそうです。お父様に車を借りて学校に行くときや軽音部の合宿などで、仲間たちとよく盛り上がっていたとか。

そのバンドメンバーが就職活動をする中でも、及川さんは一切就職活動はしなかったそうで、「もう14、15歳のときから『スターになろう』って思って(笑)」と語る及川さん。その当時から、学園祭で舞台をやったり、バンドを組んだり、“学園のスター”的なことをしていたそう。しかしそれをプロの世界でも実現するとはすごいですね!

■第2位 ORIGINAL LOVE「MILLION SECRETS OF JAZZ」
アマチュアバンド時代、ライブハウスやスタジオに機材を運ぶ車のなかでよく聴いていた曲で、聴くと気分が上がるそうです。「ORIGINAL LOVEはホントにプロとしての、というか、強い影響を与えてくれましたね」

そんなアマチュア時代を経て、プロになって4枚目のアルバムを出すときには田島貴男さんとのコラボレーションが実現。最初は緊張したそうですが、「でき上がったときは、感動が波のように押し寄せてきますよね」と、憧れだった人との共演を振り返っていました。

■第1位 Prince and the New Power Generation「My Name is Prince」
はじめて自分で買った車で、とにかく大音量で聴こうと思っていたナンバーだそうです。及川さんはかつて“王子”のニックネームを自ら名乗っていましたが、この曲のタイトル「俺の名前は王子」とはまさに、及川さんに共通する部分が。ちなみに及川さんはすでに、28歳で“王子”は辞め、現在は“元王子”なのだそうです(笑)。

素敵なドライブソングを紹介してくださった及川さんですが、ご自身も「FUNK A LA MODE」をリリースしたばかり。テーマは「自己解放」です。

「単純に僕はファンクやソウルといった、ブラック・コンテンポラリー・ミュージックが好きで、でもポップスの世界にいるので、全面的にファンクを強調するっていうサウンドメイキングはしてこなかったんですが、今回は、思いっきり趣味の世界で突っ走ろうと思って」と及川さん。

仕上がり具合については、「常に最新作が最高傑作ですし、もしも僕の身に何かあったら…この『FUNK A LA MODE』が遺作になるわけですから、そのくらいの情熱を傾けて作っている」と、今回のアルバムについて熱く語ってくれました。

ドライブが気持ちいいこの季節、とってもファンキーな「FUNK A LA MODE」はぜひオススメですよ♪

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「SMILE ON SUNDAY」
放送日時:毎週日曜 9時−13時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/smileonsunday/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。