ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

輝く月が転がり落ちる?!オブジェのようなライトが幻想的

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

@child.studio/Instagram洗練されたライトがあるだけで、部屋のムードはガラリと変わります。

スタイリッシュな照明器具とオブジェが一体化したら…。

@child.studioがシェアした投稿 – 2017 4月 3 11:25午後 PDT

幾何学的な台座がスタイリッシュなライトを紹介します。

ミラノ・デザインウィークで展示♡

2017年4月に開催されたミラノ・デザインウィークで展示された照明シリーズ「影の中の男(In the Shadow of a Man)」。

@child.studioがシェアした投稿 – 2017 3月 29 4:22午後 PDT

ロンドンを拠点とする「チャイルド・スタジオ(child studio)」がデザインしています。

@child.studioがシェアした投稿 – 2017 4月 2 3:47午後 PDT

まるで月が輝いているような姿が、幻想的で美しすぎます♡

ライトを不安定な場所に配置?!

それぞれの台座は、元々の木材の木目を活かしつつ、大理石や奇妙なデジタルパターンに見えるように、色を塗っているとのこと。

 

@child.studioがシェアした投稿 – 2017 4月 5 12:58午前 PDT

幻想的なムードを作り出すため、不安定な場所にライトの球が配置されています。

@child.studioがシェアした投稿 – 2017 3月 30 6:55午前 PDT

そして、幾何学的な形をした台座がゆっくりと円を描いて動くことにより、ライトの球が転がり落ちていくかのような「動きの錯覚」を生み出しているのだそうです。

シュールレアリスム画家から引用

「チャイルド・スタジオ」のデビューコレクションとなった照明シリーズ「影の中の男(In the Shadow of a Man)」。

 

@child.studioがシェアした投稿 – 2017 4月 6 4:54午後 PDT

ライトが動くことによって作り出される幻想的で不思議な影の動きは、照明シリーズのタイトルを表しているかのよう。

@child.studioがシェアした投稿 – 2017 4月 2 3:46午前 PDT

このタイトルは、イタリアのシュールレアリスム画家ジョルジョ・デ・チリコの「晴れた日に歩く男の影には、世界のすべての宗教よりもはるかに謎がある」という言葉から引用されているのだとか。

 

@child.studioがシェアした投稿 – 2017 4月 2 11:48午前 PDT

彼らの作品が気になった方は、ぜひチェックしてくださいね♪

child studio
http://childstudio.co/

Instagram (child.studio)
https://www.instagram.com/child.studio/

デザイン(まとめ)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。