ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

今国会で議論されている「共謀罪」、他人事ではない?

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

今国会で議論されている「共謀罪」、他人事ではない?
J-WAVEで放送中の番組「JAM THE WORLD」(金曜担当ナビゲーター:青木理)のワンコーナー「BREAKTHROUGH!」。4月21日(金)のオンエアでは、今、連日国会で議論されているいわゆる「共謀罪」法案をテーマにお届けしました。スタジオには、首都大学東京教授で憲法学者の木村草太さんをお迎えして、お話を伺いました。

安倍政権がテロ対策を名目に、国会での成立を目指す法案ですが、共謀罪とは組織的犯罪を犯罪発生前に取り締まり処罰するもの。木村さんいわく、条文を分析すると以下の4つの要素で構成されているのだとか。

(1)共通の犯罪目的で動く団体であること
(2)継続して活動していること
(3)指揮命令系統などの組織があること
(4)何度も反復して組織のための行動が行われること

木村さんによれば、暴力団や過去に犯罪を起こした組織に関わらず、共謀罪が適応される可能性があり、一般の人に適応される場合もあるとのこと。たとえば、沖縄の基地反対の活動をしている人たちの座り込み行為も、共謀罪が適用される可能性が十分にあるそうです。

「テロ対策にするなら、テロリストと呼ばれる組織をちゃんと定義した方がいいですよね。『犯罪目的で組織性と継続性のあるもの』と定義しちゃうと、いろんなものが含まれてきちゃうわけですし、逆に最近のテロって、目的だけ共有して指揮命令系統がない場合があって、共謀罪が適用されない可能性もあるんですよね」(木村さん)

市民運動や労働運動を弾圧するための法律、報道活動の萎縮効果にならないために、テロ組織の定義を明確化し、それにあった条件を揃える…など、まだまだ共謀罪適用には問題が多そうですね。今、連日議論されている法案だけに、今後の展開が気になるところです。

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「JAM THE WORLD」
放送日時:平日 20時−22時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/jamtheworld/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。