ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

出産間近の妊娠30週は早産に注意!気になる母体と胎児の様子

  • ガジェット通信 GetNewsを≫

出産間近の妊娠30週は早産に注意!気になる母体と胎児の様子
妊娠後期にあたる妊娠30週。いよいよ近づいてきたお産に思いをはせている人も多いのではないでしょうか?

楽しみな反面、不安もいっぱいだと思います。

妊娠30週は、赤ちゃんの成長に伴ってお母さんのお腹が大きくなることによって、マイナートラブルも増えてきます。

そのため、心配なことも増えてくる時期でもあります。

今赤ちゃんはどのような状態なのか・お母さんの体はどのような状態なのかなどを知っておくことで、不安や心配ごとも解消されるでしょう。

要チェック項目

□妊娠30週はお母さんにとって不快な症状も出てくる

□赤ちゃんは1500g程度でほとんどの器官が完成

□早産や逆子に注意

妊娠30週ってどんな時期?

妊娠30週は、妊娠後期。出産に向けた準備が始まる時期です。お腹が大きくなることによって、母体にもさまざまな変化が起こります。

人によっては、嬉しい変化だけでなく、辛い変化や不快な症状・出産に向けた不安な気持ちなどに悩まされる人もいると思います。

それによって、精神的に不安定になってしまうこともあるでしょう。不安定になってしまったときには、家族や友人などに思い切って甘えましょう。お母さんのストレスフリーこそが、赤ちゃんにとって一番大切なのです。

このように、これから出産に向けて体もいよいよ準備を始めます。赤ちゃんのお母さんだけでなく、お父さんも、親になるために心の準備を始めましょう。

胎児も、より人間らしくなり、外に出るための準備を着々と進めています。筋肉がついて、胎動も力強くなってきています。

妊娠30週の赤ちゃんの様子

妊娠30週の赤ちゃんの大きさは、400から430ミリ、体重は1,500gほどに成長しています。ほとんどの器官は完成しており、見た目には完璧な人となっています。

これから出産までに、体を大きくしたり外の環境になれるためのトレーニングをしたりしながら、出産に向けて準備を始めています。

妊娠30週ともなると、赤ちゃんもだいぶ大きくなってきており、お腹の中のスペースが狭くなってきています。

そのため、この時期に逆子の状態の場合、自然に正常な位置に戻るのは難しい場合もあります。医師と相談しながら、逆子体操などを行うようにしましょう。

妊娠30週のお母さんの体の状態

赤ちゃんの成長に伴い、お腹がどんどん大きくなってきて、さまざまな不快な症状に悩まされている人もいるのではないでしょうか?

寝つきが悪い

強い胎動や、ホルモンバランスの影響から、寝つきが悪くなったり夜中に頻繁に目が覚めてしまったりすることがあります。

寝不足が続くと体調不良を招いてしまう可能性があるため、眠れるときにこまめに眠るようにしましょう。

体重の増加

この時期は、体重が増えやすい時期でもあります。

これは、胎児の成長に伴うものでもありますが、つわりなどの症状がなくなり食欲が戻ったことや、大きなお腹で運動が難しくなったことが原因で体重が増加してしまうことが考えられます。

急激な体重増加は妊娠中毒症などのリスクが出てしまうため、バランスの良い食事と適度な運動を取り入れて、体重増加に気をつけましょう。

尿漏れ

大きくなった子宮が膀胱を圧迫することで、尿漏れなどが起こる人も。尿漏れパッドなどを使用し、こまめに取り替えることで清潔に保ちましょう。

腰痛

妊娠30週は、大きくなったお腹を支えるために、腰痛が起こりやすい時期です。座り方や眠り方を工夫することで、腰痛が軽減するでしょう。

また、骨盤を緩ませるホルモンが分泌されていることで、骨盤部分に痛みを感じる人もいます。痛みがあるときは楽な体制をとるようにしましょう。

妊娠30週の早産のリスクは?

妊娠30週で産気づいてしまった場合には、早産となってしまいます。お腹の張り・痛み・出血・破水などの早産の兆候がある場合には、健診前であっても受診するようにしましょう。

妊娠30週で切迫早産と診断された場合には、入院して点滴や服薬などをする必要があります。

妊娠30週で出産してしまった場合、合併症を起こすリスクがあるといわれています。しかし、医療技術の発展によって、新生児ICUで適切な処置を行うことで、通常の子供と同じように成長することも期待できます。

妊娠30週は入院・出産の準備を終わらせよう

30週をすぎると、切迫早産や早産が起こりやすいため、この時期までに入院・出産準備を完了させておくようにしましょう。

出産予定日までまだ時間があると思っていても、出産は思わぬ形で始まることも考えられます。また、これからの時期は、お腹が大きく体が重いことや、貧血などによって出産準備すらままならなくなってしまうこともあります。

できるだけ身軽な時期にある程度の準備を済ませておくことで、ゆったりと予定日を迎えることができます。

周囲のサポートの中で快適な妊娠30週を!

妊娠30週は、お母さんの体にさまざまな変化が起こります。嬉しい変化だけでなく、大きくなったお腹に不快な症状も増えてくるころです。

お父さんやおじいちゃん・おばあちゃんなど周囲のサポートを受けながら、リラックスしながら過ごすことが重要です。

出産準備に体重管理にとしなければならないことも多い時期ですが、穏やかな気持ちで赤ちゃんのすこやかな成長をみまもりましょう。

(監修:Doctors Me 医師)

関連記事リンク(外部サイト)

妊娠中のストレスによる悪影響 胎児の寿命を縮める可能性も?【最新研究】
妊娠中のB群溶連菌感染に注意!妊婦さんが気をつけたい6つの感染症
妊娠・出産特集の症状・原因・治療

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。