ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ジャポニスムに影響を受けたシャネルの服も展示、「ファッションとアート 麗しき東西交流」展

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

04221
©ターナー[イギリス]「ドレス」1870年代 京都服飾文化研究財団蔵 リチャード・ホートン撮影

「ファッションとアート 麗しき東西交流」展が、横浜美術館にて2017年4月15日(土)から6月25日(日)まで開催される。
本展では、明治維新後の19世紀後半から20世紀前半のファッションと美術に焦点を当て、東西の文化交流によって生まれた当時の人々の美意識を反映する、美しいドレスや装飾品を中心に、工芸品、絵画など計約200点が紹介される。
なかでも、日本の文化にインスピレーションを得て制作された有名メゾンのピースは必見。蒔絵を思わせるような金糸の菊の紋織を施したシャネルのコートや、和服の形状を踏襲したジャンヌ・ランヴァンのコートなどが展示される。さらに、19世紀後半のジャポニスムブームの影響が現れたテーブルウェアやアクセサリーといった調度品にも注目したい。
また、西洋の画家が描いた日本の着物を纏った女性像など、絵画作品も展示される。当時の絵画を、本物のドレスや工芸品と見比べることができる貴重な機会をお見逃しなく。

「ファッションとアート 麗しき東西交流」展
期間:2017年4月15日(土)~6月25日(日)
会場:横浜美術館
住所:神奈川県横浜市西区みなとみらい3-4-1
TEL:045-221-0300
開館時間:10:00〜18:00(入館は17:30まで)
※5月17日(水)は20:30まで。(入館は20:00まで)
休館日:木曜日、5月8日(月) ※ただし5月8日(月)は開館。

入館料:一般 1,500(1,400)円/大・高生 900(800)円/中学生 600(500)円/65歳以上 1,400円(要証明、美術館券売所のみ対応)
※( )内は20名以上の団体料金、要事前予約。
※小学生以下無料。
※毎週土曜日は、高校生以下無料(要生徒手帳、学生証)。
※障害者手帳持参者および付添1名は無料。
※本展チケットで観覧当日に限り、横浜美術館コレクション展も観覧可能。
※その他の割引料金については別途問い合わせ。
前売り:一般 1,300円/大・高生 700円/中学生 400円
※前売券販売期間は2017年2月15日(水)~4月14日(金)。
※チケットは横浜美術館、セブンチケットにて取り扱い。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。