ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

蛭子能収の不条理な漫画世界、『シン・えびすリアリズム』展に約200点

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

04231
©蛭子能収『飛べる人』 ©蛭子能収

蛭子能収の展覧会『シン・えびすリアリズム~蛭子さんの展覧会~』が、福岡・北九州市漫画ミュージアムにて開催中。
1973年に雑誌『月刊漫画ガロ』でデビューした漫画家の蛭子能収。不条理な作風で知られ、昨年にはデビュー作『パチンコ』を含む書籍『パチンコ 蛭子能収初期漫画傑作選』や『復活版 地獄に堕ちた教師ども』などを刊行。タレントや俳優としても活動している。
本展では、蛭子がこれまでに描いてきた漫画作品を中心に展示する。漫画の原画に加え、学生時代に描かれた絵画や近年のイラスト、立体作品、資料など約200点が並ぶ。また、期間中の5月5日には、蛭子による「似顔絵サイン会」も実施予定。
詳細は北九州市漫画ミュージアムのオフィシャルサイトまで。

『シン・えびすリアリズム~蛭子さんの展覧会~』
2017年3月18日(土)~5月21日(日)
会場:福岡県 北九州市漫画ミュージアム 企画展示室
時間:11:00~19:00(入館は18:30まで)
料金:一般500円 中高生300円 小学生200円

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。