ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

覆面パトカーかを見抜くための外見的特徴とは?

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
覆面パトカーかを見抜くための外見的特徴とは?

一般人に関係する覆面パトカーには、交通取締り用と捜査用があります。刑事が移動手段として利用している捜査用と、幹線道路などでスピード違反などを狙っているのが交通取り締まり用の覆面パトカーです。そこで、交通取り締まり用の覆面パトカーかを見抜くための外見的な特徴を紹介しましょう。

覆面パトカーは屋根に大きなフタ

交通機動隊員が乗り込み、幹線道路などで違反車を狙っているのが交通取り締まり用覆面パトカーです。現在、最も見かける車種がトヨタ・200系クラウンと180系クラウンですが、一般車との見分けは難しくなっています。

交通取り締まり用の覆面パトカーの外見的な特徴としては、屋根の真ん中に大きなフタが付いていること。電動で出てくる反転式の赤色灯のためのものです。運転席の高い大型車からは丸見えですが、乗用車からは見えません。

グリル内に2つのグリル内に2つの前面警光灯が設置されているのも外見的な特徴。追尾式のスピード違反の測定の際はこれを光らせます。とはいえ、ふだんはよく目を凝らすと見える程度。走行中に見極めるのは至難の業です。

覆面パトカーの警察無線アンテナ

リアウィンドウに装着してあるユーロアンテナも、交通取り締まり用覆面パトカーの外見的な特徴。いわゆる「チョンマゲ」タイプの警察無線用のアンテナです。ただし、車外に設置していない場合もあるため、必ずあるわけではありません。

覆面パトカーの動きの特徴としては、追い越し車線を勢いよく走ったら突然、おとなしく走行車線に戻るなど、加速や減速を繰り返す不審な動き。本線が見渡せる側道などで駐車していることもよくあります。

交通取り締まり用の覆面パトカーを見抜く方法としては、運転席と助手席を確認するのが最も確実かもしれません。基本的には、青い制服を着てヘルメットをかぶった警官2名が乗車しています。

関連記事リンク(外部サイト)

駐禁をとられても警察に出頭する必要はない
覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内
駐車禁止を警察が取り締まれない「植え込み」
交通違反キップをサイン拒否したらどうなる?
ネズミ捕り対策はスマホの取り締まりアプリ!

カテゴリー : エンタメ タグ :
ラジオライフ.comの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。