ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

おしゃれピクニックを気軽に楽しもう!これだけあればOKな持ち物リスト10

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
おしゃれピクニックを気軽に楽しもう!これだけあればOKな持ち物リスト10 https://www.photo-ac.com/main/detail/445939?title=%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%82%B5%E3%83%A9%E3%83%80_1%EF%BC%90&selected_size=s

ピクニックに行くなら、事前に考えなければならない持ち物!当日の朝に「あれがない、これがない」とバタバタしたり、行った先で「これを用意しとけば」といったことが無いように、しっかりと準備したいところです。また、単に必要なものを持っていくだけじゃなくて、「おしゃれピクニック」を意識したものを用意することで、より写真映えする楽しいピクニックになります。

今回の記事では、ピクニックに必須のものから、よりおしゃれな時間を過ごせるグッズまで、ただのピクニックではない、「おしゃれピクニックの持ち物」についてご紹介します。

ピクニックに必須の持ち物

まずは、ピクニックに行くなら必ず持っていきたい持ち物から紹介します。せっかくならおしゃれなアイテムを持っていきたいところ!「こんな柄や形だとおしゃれ!」という観点で解説していきますね♪

1.レジャーシート

レジャーシート

クッション性が高いので、固い地面の場所でも痛くない!

ピクニックの必須持ち物といえばこれを挙げる人も多いのではないでしょうか?レジャーシートが無いと服も汚れてしまうし落ち着かないので、レジャーシートは必須!コンビニなどで売っている普通のシートでも機能的には十分なのですが、写真のようなクッションのあるシートならおしゃれな雰囲気に。柔らかくリラックスできるので、外にいるのにリビングにいるかのように寛げるところも魅力です!

>>写真の商品詳細はコチラから

※2017年3月27日時点の情報です

2.お弁当・飲み物

バスケットケース やっぱりピクニックといえばバスケットケース!水筒

水筒もピクニックっぽい柄のものを!

次はピクニックの醍醐味「お弁当」です。バスケットケースに入れていけばピクニックらしさも出るし、収容性も高いので他の持ち物も一緒に入れられてオススメです。持つ部分にスカーフを巻くなど一工夫すれば、グッとおしゃれになりますよ。入れ物だけではなく、料理の見た目にもこだわりたいところです。

また、飲み物を入れる水筒もかわいいデザインのものを選びましょう!保温性が高い水筒だとなおいいですね。

>>「バスケットケース」の商品詳細はコチラから

>>「水筒」の商品詳細はコチラから

※2017年3月27日時点の情報です

3.ブランケット

ラウンドタオル

ラウンドタオルはおしゃれで使い方もさまざま

まだ寒い日も多いので、ひざ掛けにするブランケットは必須です。レジャーシートとのコーディネートも考えてデザインや柄にこだわりましょう。ちなみに、写真の「ラウンドタオル」はひざ掛けとしてもレジャーシートとしても使えて、おしゃれなデザインのものが多いのでオススメです。

>>写真の商品詳細はコチラから

※2017年3月27日時点の情報です

4.食器とカトラリー

カトラリー

取り分けるときの盛り付けにもこだわりたいところ!

お弁当を取り分けるお皿やスプーン、フォークなども持っていきたいところです。紙コップや割り箸ではちょっと様にならないので、カラフルなものをセレクトしましょう。全て木製のもので揃えるのも素敵ですね。お弁当を食べるのがさらに楽しくなりそう!

>>写真の商品詳細はコチラから

※2017年3月27日時点の情報です

5.ティッシュ・ウェットティッシュ

ティッシュ・ウェットティッシュ

ケースに入れるだけで必需品もちょっとおしゃれに!

意外と忘れがちなのがコレ。ティッシュだけ持って行ってたけど、思ったよりも汚れが取れなかったから、結局水道のあるところまで洗いに行って面倒だった…なんてこともよくあるので、ウェットティッシュも持っていくと便利です。ピクニック感のあるケースに入れるといいですね!

>>写真の商品詳細はコチラから

※2017年3月27日時点の情報です

6.虫よけ

虫よけ

普通にキャンドルとしても使えそうな虫よけグッズ

屋外なので、特に虫が苦手な人はしっかり対策しましょう。普通のスプレーでもいいけど、写真の「虫よけキャンドル」のようなアイテムを持っていけば、虫よけにもなるしいい香りもするしで一石二鳥!

>>写真の商品詳細はコチラから

※2017年3月27日時点の情報です

7.椅子

椅子

ちょっと疲れたときに重宝します

ずっと地面に座っていると足や腰が痛くなってくるので、長時間のピクニックだと案外大変です。椅子を持っていけばゆっくりできるし、カレや友達にも喜ばれるはず。背もたれのあるタイプだとさらにラク。折りたたみならかさばらないので、ぜひ持っていきましょう!

>>写真の商品詳細はコチラから

※2017年3月27日時点の情報です

これがあるだけでさらにおしゃれに!女子力高めのピクニックアイテム

次は、無くてもピクニックはできるけど、よりおしゃれな雰囲気にするためのアイテムをご紹介します。

8.写真・SNS映えするアウトドアグッズ

ハンモック

ちょっと持っていくのが大変だけど、素敵な写真が撮れそうなハンモック

せっかくピクニックに行くなら、写真をたくさん撮ってSNSにアップして、思い出を残したいですよね?そこで持っていきたいのがおしゃれなアウトドアグッズ。例えばハンモックで寝転んでいるところを写真に撮ってみてはいかが?他に、かわいいテーブルやランタンなどもオススメです!

>>写真の商品詳細はコチラから

※2017年3月27日時点の情報です

9.遊び道具

シャボン玉

スイッチひとつで、自動でシャボン玉が出てくるスグレモノ!

おいしいお弁当を食べて自然の中ゆっくりするのもいいけど、ちょっとした遊び道具を持って行くと盛り上がること間違いなし!オススメはシャボン玉など、アウトドアグッズと同じく写真映えするものがいいですね。みんなで盛り上がれるところもポイントが高いです!

>>写真の商品詳細はコチラから

※2017年3月27日時点の情報です

10.装飾アイテム

装飾アイテム

自分だけのアレンジを楽しんで!

お弁当やレジャーシートなどを装飾すれば、さらに「おしゃピク」感が増します。例えばおにぎりやサンドイッチにピックを刺したり、レジャーシートにシールやステッカーを貼ったり…自分の好きな雰囲気でコーディネートして楽しんじゃおう!

>>写真の商品詳細はコチラから

※2017年3月27日時点の情報です

まとめ/ピクニックの持ち物チェックリスト

最後に、今日ご紹介した持ち物のチェックリストを以下に作りました。ピクニックの前日や当日の最後の確認で使ってください。

□レジャーシート

□お弁当・飲み物

□ブランケット

□カトラリー

□ティッシュ・ウェットティッシュ

□虫よけ

□椅子

□写真・SNS映えするアウトドアグッズ

□遊び道具

□装飾アイテム

ちなみに、持ち物を用意するときのコツは「それぞれのグッズの見た目のバランスを考えてコーディネートする」ことです。例えばレジャーシートがシンプルなものならブランケットは柄モノにするなど、全体として見た時にバランスが取れているかを意識するだけでこなれ感が変わります。ピクニック当日だけじゃなくて、準備も楽しんでくださいね!

※この記事は2017年3月時点での情報です

関連記事リンク(外部サイト)

わざわざ行きたい!大人も大満足♪子連れに優しい「道の駅」【中国・四国】
【全国】キレイな海がいっぱい!夏はシュノーケリングへGOGO☆厳選スポット55選
表面カリッ!中はふんわり!魅力的すぎる「メロンパン」が集まるフェスティバルって?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
じゃらんニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。