ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

飾り方は自由自在☆ミニマムで幾何学的なプランターがスタイリッシュ

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

SpazzHappyLineDesignガーデニングや観葉植物を育てるのは手間がかかるけど、自然を身近に感じたい…。

肥料や土もいらないエアプランツなら、手軽に育てることができます。
そして、インテリア性の高いのも魅力のひとつ。

生きているオブジェとして、立体アートのように飾れるスタイリッシュなプランターを紹介します。

心理学者としても書籍も♪

この作品を制作しているのは、米・ミシガン州のデザイナーTiff Tuttleさん。

「Spazz Happy Line Design」としてEtsyで作品を販売しています。
Tiffさんは心理学者として、書籍も出版しているのだとか。

まるでワイヤー彫刻のよう☆

幾何学的なデザインは、まるでワイヤー彫刻のよう。

真鍮・銅・アルミニウムなどの材質を使って制作しているのだそうです。
インテリアとしての存在感もバツグンなので、お部屋のアクセントにもなります。

空中に浮いているみたい♡

透明なモノフィラメント糸で吊るしているので、植物とオブジェが空中に浮いているみたいに見えます☆
部屋のムードやエアプランツの種類に合わせて、形を選んでみるのもステキ♡

Tiff Tuttleさん(@spazz_happy)がシェアした投稿 – 2015 4月 28 3:26午後 PDT

エアープランツ以外にも、花瓶や鉢植えを置いてみたり…。
アイデア次第で、自由自在にどんな植物でも飾りつけることができちゃいます。

Tiff Tuttleさん(@spazz_happy)がシェアした投稿 – 2016 1月 13 8:48午前 PST

彼女の作品が気になった方は、ぜひチェックしてくださいね♪

Etsy (SpazzHappyLineDesign)
https://goo.gl/hFC7rG

Instagram (spazz_happy)
https://www.instagram.com/spazz_happy/

インテリア(まとめ)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。