体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

乳がんが骨へ転移している場合はステージ4 気になる症状や治療法とは?

乳がんが骨へ転移している場合はステージ4 気になる症状や治療法とは?
乳がんの中でも厄介なのが転移による再発ですよね。

乳がんは骨や肺、脳など様々な場所に転移し、私たちの体をむしばんでいきます。

今回はその転移しやすい乳がんの中でも、骨へ転移した場合の症状や治療法について紹介していきます。

要チェック項目

□乳がんが骨へ転移している場合はすでにステージ4の段階

□骨へ転移した場合、その箇所が痛んだり骨折したりなどの症状がみられる

□完治させる治療よりは、症状を和らげる治療が行われる

乳がんが骨へ転移しているのはステージ4の段階

乳がんが骨へと転移している場合、すでに症状がステージ4へと移行していることを表します。

もともと乳がんは他のがんに比べても症状の進み方は緩やかといわれているのですが、その分他の箇所へと転移してしまうことも多く、骨・肺・脳などに転移するとステージ4と呼ばれます。

そしてその中でも最も転移しやすいといわれているのが骨です。腰椎、胸椎、背骨、骨盤、肋骨、頭蓋骨、上腕骨、大腿骨などなど、様々な場所の骨に転移してしまいます。

ただし、ひじやひざから先には転移せず、体の中心ラインにある骨に転移するのが特徴です。

骨への移転は乳がんの手術を行ってから大体数年以内で見つかることが多いのですが、中には10年以上たってから転移が発見されたという人もいるので、術後の調子がいいからといっても油断はできません。

乳がんが骨へ転移した時の症状

乳がんが骨へ転移してしまった場合、いったいどのような症状が現れるのでしょうか。

転移した箇所が痛む

まず最も多いのが、転移した箇所が痛むということです。例えば腰椎や骨盤に移転しているのであれば腰周りが痛み始めますし、胸椎や背骨に移転していれば背中が痛みます。

はじめは違和感程度の軽い痛みだそうですが、次第に痛みが強くなっていき、病院で診察を受けたら…というパターンが多いようです。

骨折

乳がんが骨へと転移すると、「破骨細胞」と呼ばれる細胞の働きを活発にしてしまいます。

骨には骨を作り出す「骨芽細胞」と、骨を壊す「破骨細胞」があり、この2つが毎日交互に活動することで、常に健康で丈夫な骨が保たれます。

しかしがんが転移したことによって破骨細胞の働きが活発になってしまうと、当然ながら骨が弱くなり、骨折しやすくなってしまうのです。

姿勢を変えようとしたときなど、ちょっとした拍子で骨折することもあり、激しい痛みを伴うもの特徴です。

脊髄圧迫

また骨折の箇所などによっては脊髄が圧迫されてしまいます。

脊髄には手足の動作に関する重要な神経がたくさん通っていますから、ここが圧迫されてしまうとされてしまうと手足が思うように動かせなくなり、筋肉低下や半身マヒなどにつながってしまうのです。

こうなってしまうと日常生活もままならなくなってしまうので、早急な治療が必要です。手足が思うように動かせないと感じたら、すぐ病院で診察を受けるようにしましょう。

高カルシウム血症

高カルシウム血症とは、血中のカルシウム濃度が高くなってしまう現象です。乳がんの場合は、破骨細胞が活発化することによって、骨が維持できなくなり、骨中のカルシウムが血液に溶けだしてしまうことで起こります。

血中のカルシウム濃度が高くなると、喉が渇きやすくなったり、便秘になってしまったり、食欲減退、疲労、吐き気などの症状が表れます。

重度になると意識混濁や幻覚などを伴う場合もあるので、こちらも早急な治療が必要です。

乳がんが骨へ転移しているかは検査で分かる

乳がんが骨に転移しているかどうかというのは、検査をすれば簡単にわかります。がん細胞に対して反応する「腫瘍マーカー」というものがあるのですが、これを使って検査をして、反応があれば転移している証拠です。

ただし腫瘍マーカーだけでは細かい場所までは分からないので、順次精密な検査が行われます。

骨シンチグラフィー

別名「骨スキャン」とも呼ばれる方法です。骨の反応が活発化(=がん細胞が活発化)しているところに集まりやすい「リン酸化合物」を含んだ薬を静脈から投与し、その後ガンマカメラで撮影します。

薬の中には「テクネチウム」といってカメラで撮影すると黒く映る物質含まれているので、撮影された写真のがん細胞付近は、黒く写るというわけですね。

1 2次のページ
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。