ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ゲッターズ飯田が占うGWに一番運勢がいい星座は?

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

ゲッターズ飯田が占うGWに一番運勢がいい星座は?
J-WAVEで放送中の番組「GOLD RUSH」(ナビゲーター:渡部建)のワンコーナー「MEET UP」。4月21日(金)のオンエアでは、渡部の結婚を華麗に当てたゲッターズ飯田さんをゲストにお迎えして、渡部の結婚生活や「12星座別 ゴールデンウィークの運勢」を診断してもらいました!

番組では毎年年末になると、飯田さんにゲストでご登場していただき、1年の運勢を占ってもらっているのですが、2016年の年末に渡部の運勢を診てもらったときは、「来年は最高に運気がいい! トランプ大統領と運気が同じ」とまで言われていました。具体的には「仕事が増える」「結婚する」「家を買う」「新たな商売を始める」「健康問題なし」などなど…。

渡部:ぶっちゃけ、どのへんまで2017年の渡部が見えてた感じなんですか? あのとき。
飯田:2017年、渡部さんが結婚するとか、仕事が増えるなんてことは、もう簡単に、10年前からわかっていました。
渡部:(笑)。
飯田:ここでこの人は頂点に行くっていう。
渡部:確かに飯田さんは当時(10年前)から、「絶対(結婚は)もっとあとだ」ってことを言ってたもんね。

10年前から今の状況がすべて見えていたとは、すごいですね。しかし、渡部は「今年、さすがにこのあとね、俺も気を付けなきゃなって思うんですよ」と、順調なことが逆に不安になっているようです。「結婚することで運気が変わったりするんですか?」と飯田さんに聞くと…。

飯田:渡部さんは結婚すると、さらに運気が上がる。
渡部:え! マジで!? 嬉しいなぁ。
飯田:で、奥さまも調べまして、2人を調べると、けっこう早い段階でお子さんだと思います。「子宝」は今年、来年出ているんですけど、そうすると金運のいい子が産まれてくるので。
渡部:金運がいい子が産めるの!? 最高じゃないですか。

もし今年中に子どもができたら、その子のおかげでもっとお金が増えるのだそう。さらに家を買うのも良いそうで、今年の6月から10月くらいに購入すると、その家の価値は将来上がるとか。「一人バブルになる可能性があります(笑)」と、飯田さんの占いでは出ているようです。そんな至れり尽くせりの結果に渡部もかなりご満悦でした(笑)。

また、全般的な2017年の運勢としては、「幸せになっている人の話し方・服装などの真似をする」と良いそうで、「渡部さんの真似した方がいいですよ。渡部さんの喋り方を真似すれば幸せになれますから」と飯田さん。ほかには「伝統文化がクローズアップされる。神社まわりをしっかりやると運気が上がる」とも話していました。ぜひご参考にしてみてください。

そして、今回は飯田さんに「12星座別 ゴールデンウィークの運勢」を発表していただきました! ここでは上位3位の星座を紹介します。

■第3位「射手座」
魅力や才能が一気に解放されて運気の流れが良くなるそうなのですが、「5月を起点に流れが大きく変わってくる」と飯田さん。結婚、転職など何か大きいことを決めると良いそうですよ! 「恋人がいて、長い付き合いをしている方は、このゴールデンウィークにプロポーズするとうまくいったりします」(飯田さん、以下同)

■第2位「水瓶座」
5月にいい運気に入るそう。「イベントやライブに行くとか、フットワークを軽くいろんなところに行くと非常に運気の流れが良くなるので。あと異性の友だちから恋に発展したり、近くの人と結ばれる可能性がありますので、気になる方を誘ってみてください」

■第1位「魚座」
「金運・仕事運・恋愛運、すべて絶好調のゴールデンウィークになると思います」と飯田さん。しかし魚座は少し優柔不断なところがあるので、デートのダブルブッキングには要注意だとのアドバイス。「自分の覚悟を決めて“これやっていこう”とか“こっちがいい”って決めていくと、運気の流れがさらによくなります」

みなさんの星座はありましたか? 素敵なゴールデンウィークを過ごせるといいですね!

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「GOLD RUSH」
放送日時:毎週金曜 16時30分−20時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/goldrush/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。