ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

前田敦子、演じる役は常にこじれてる!?

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

前田敦子、演じる役は常にこじれてる!?
J-WAVEで放送中の番組「ALL GOOD FRIDAY」のワンコーナー「CINEMA CIRCLE」(ナビゲーター:大倉眞一郎)。4月21日(金)のオンエアは、「青春こじらせ映画」をテーマにお送りしました。

まずは、同番組と連動したネット上の映画部「J-me CINEMA CIRCLE」の会員リスナーからいただいたオススメの「青春こじらせ映画」をご紹介します。

■「ピース オブ ケイク」
「多部ちゃんが演じる志乃は、こじらせ女子かな。隣に住んでいる店長は、ちょっとチャラいんだけど魅力的。いろいろあって最終的に付き合うことになるのですが、個人的には男湯に乗り込むシーンがツボでした」とは、リスナーのオススメのシーン。

「キレッキレですよ。多部ちゃん、めちゃくちゃこじらせていました」(大倉、以下同)

■「もらとりあむタマ子」
リスナーがこの映画で注目したのは、“ブスったれたニート感満載な前田敦子さんの演技”だそう。このメッセージに「本当にその通りですね!」と大倉も共感。

「前田敦子さんってさ、だらしない役をやらせるとバツグンに上手いですよ! AKB48の頃は『こんな子もいるのね』、という印象しかなかったのですが、俳優になってからすごく注目するようになりました。だらしない役をやるということで、常に前田さんの役柄の女性はこじれていますね」と語りました。今後の役柄にも要注目ですね!

この他、「ブリジット・ジョーンズの日記」、「スタンド・バイ・ミー」などがリスナーからあがったようです。

そして今回、大倉が選んだ「青春こじらせ映画」は「スウィート17モンスター」。大倉いわく、「見ていてイタい、イタい。でも懐かしくて楽しい映画」だそう。

【あらすじ】
主人公は17歳の女の子。冴えない、キスもまだしていない。毎日、「いいんだろうか、私はこれで」と思う生活をしていたのですが、そんな時に、親友が自分の兄の恋人だということが分かってしまいます。兄を奪われしまったという悲しさと、親友も奪われてしまったという悲しさの、ダブルパンチを受けてしまう主人公。そんな境遇の中で、17歳の女の子は何を見つけるのか…。

主演は、「トゥルー・グリット」で、14歳にしてアカデミー賞助演女優賞にノミネートされた、ヘイリー・スタインフェルド。「ダメさ加減の表現が見事! 本当にそうじゃないかと思わせるような感じです。こういう時代に戻りたいかなぁ、と思ったんです。でも、いや戻りたくないな、と思ったのが私の結論ですね。でもこの映画、絶対に『良かったよ』と言えますから見てください」

「スウィート17モンスター」は、4月22日(土)から、全国で公開。ぜひスクリーンでそのこじらせっぷりを確かめてみてください。

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「CINEMA CIRCLE」
放送日時:毎週金曜 14時10分−14時20分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/goodfriday/cinema/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。