ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

戦車に体験試乗できるイベントが4月23日に開催

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
戦車に体験試乗できるイベントが4月23日に開催

普段は見ることすらできない戦車に乗ったり、ヘリコプターに乗って駐屯地の上空を飛行したりと、陸上自衛隊ならではの貴重な体験型イベントが実施されるのが“駐屯地祭”です。そして、戦車に体験試乗できる北富士駐屯地のイベントが4月23日に開催されます。詳しく見ていきましょう。

年に1回の陸上自衛隊イベント

陸上自衛隊の駐屯地や分屯地では年に1回、部隊の創隊を記念した行事の一環として、誰でも自由に入れる“駐屯地祭”を開催。このイベントでは、部隊の装備品や訓練の様子が見られるのです。

式典である駐屯地祭のメインは、装備品を使った駐屯地司令に対する観閲行進や訓練展示。とはいえ、展示終了後に戦車や車両、ヘリコプターに乗れる「体験試乗(搭乗)」を行っている駐屯地があります。

そして、来たる4月23日(日)に陸上自衛隊北富士駐屯地で「創立57周年記念行事」が開催されます。駐屯地の開放は8時45分から15時まで。なんといってもこの駐屯地祭の目玉は戦車の体験試乗です。

自衛隊イベントで戦車の体験試乗

富士山の山梨県側に位置する北富士駐屯地(山梨県南都留郡忍野村)は重砲を扱う第1特科隊が駐屯し、東京国際空港を利用する国賓に対して行う「礼砲」を担当する唯一の部隊です。

北富士駐屯地のイベントでは、午前中の訓練展示は155mm榴弾砲、FH-70の展開と射撃が中心になりますが、午後からは戦車や戦闘車両の体験試乗を実施。土煙を上げてグランドを快走する戦闘車両らしい体験試乗ができます。

北富士駐屯地には戦車部隊は配備されていませんが、同じ第1師団隷下の戦車第1大隊が近隣の駒門駐屯地から移動。こうして戦車部隊のいない陸上自衛隊の駐屯地のイベントでも、戦車の体験試乗ができるのでした。

関連記事リンク(外部サイト)

戦闘機のパイロットが使う秘密の航空無線とは?
ブルーインパルスのパイロットが使う周波数は?
ブルーインパルスのパイロット同士の交信を聞く
ホバリングする陸自のUH-60JAが賞賛された理由
ブルーインパルスのスケジュールをチェックする

カテゴリー : エンタメ タグ :
ラジオライフ.comの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。