体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ミシュラン二ツ星シェフ、フィリップ・ミル氏が日本初出店!絵画のような美しすぎる料理を味わってきた♡

今、フランス料理界で最も注目を集めるシェフ、フィリップ・ミル氏が手掛けるレストラン「六本木テラス フィリップ・ミル」が今年3月、東京ミッドタウンにオープンしました。

フランス料理の伝統的な技術のセオリーを忠実に守りながら、豊かな感性で表現された、目にも美しく繊細なお料理を味わってきたのでご紹介します☆

ミシュラン二ツ星シェフ、日本初出店

ミル氏は、弱冠38歳にして国家最優秀職人賞(M.O.F.)を受賞し、現在は、シャンパーニュ地方・ランスに佇むシャトー「レ・クレイエール」の二ツ星レストラン「ル・パルク」とブラッスリー「ル・ジャルダン」の総料理長として活躍する実力派シェフ。

そんな彼の日本初進出となるレストランのコンセプトは“優雅なシャンパーニュサロン”ということで、大手有名メゾンはもちろん、こだわりの小規模な作り手も網羅した上質なシャンパーニュが数多く楽しめます。

絵画のような美しすぎる料理

また、シャンパーニュとのマリアージュを考えたコース料理は、絵画のように美しく繊細!

ナイフをいれるのが惜しくなるほど芸術的でフォトジェニックです。

今回試食させていただいたのは、以下の4品。
パレットに描いた様々な彩り野菜のマリネ 大根のジュレ
赤ワインでポッシェしたポーチドエッグ ジャガイモのニョッキとキャビアを添えて
シャンパーニュ地方の赤ワインソースを纏った仔鳩のファルシー
六本木テラスに舞い散る“桜”

美しすぎる野菜のマリネ

まず、「パレットに描いた様々な彩り野菜のマリネ 大根のジュレ」は、ピクルスにしたラディッシュ(大根)と岩塩で蒸しあげたレッドビーツを、透き通ったラディッシュのジュレで覆った一品。

ラディッシュはほど良い酸味に包まれながらも、野菜そのもののおいしさを存分に感じられる新鮮な食感です。

セルクルで丸くくりぬかれたカラフルな野菜が重なって、その名のとおり“パレット”みたい。

まわりに添えられたエディブルフラワーも華やかで、食べてしまうのがもったいないほどです。

デザートのようでデザートじゃない

一見デザートのように見えるこちらのメニューは、赤ワインにレッドビーツとベーコンを加えたソースでポッシェしたポーチドエッグに、ジャガイモのニョッキとキャビアを添えたもの。

キャビアのほどよい塩味と、ポーチドエッグのまったり濃厚な味わいが絶妙です。※通常キャビアは別添えで供されます。

ボトムに敷き詰められたシャンピニオン(マッシュルーム)のデュクセルが醸し出す“森の香り”には、フィリップ氏の故郷への想いが込められているのだとか。

スペシャリテは仔鳩のファルシー

「シャンパーニュ地方の赤ワインソースを纏った仔鳩のファルシー」は、ピジョン(仔鳩)の胸肉の中に鳩のムース、フォアグラ、シャンピニオンを詰めて火に通したスペシャリテ。

1 2次のページ
生活・趣味
ISUTAの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。